韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】韓国経済に春風吹く・・・成長率上昇大!!

【韓国経済】韓国経済に春風吹く・・・成長率上昇大!!

2017年6月1日、韓国・聯合ニュースによると、韓国経済が輸出と投資を中心に回復傾向を見せている。 経済協力開発機構(OECD)によると、加盟国の四半期成長率平均は、昨年第1四半期0.4%、第2四半期0.4%、第3四半期0.5%、第4四半期0.7%と拡大した後、今年第1四半期は0.4%となり、3四半期ぶりに下落に転じた。

今年第1四半期の成長率が集計された25カ国のうち前期比で成長幅が拡大したのは12カ国、残りの13カ国は成長が鈍化または停滞した。 韓国国は、昨年第4四半期の0.5%成長から、今年第1四半期は0.9%を記録し0.4ポイント改善した。日本は昨年第4四半期の0.3%から今年第1四半期は0.5%となり、0.2ポイントの改善だった。 一方、英国は昨年第4四半期の0.7%から今年第1四半期は0.2%と0.5ポイントの鈍化、米国も0.5%から0.3%と0.2ポイントの成長鈍化だった。

韓国が今年第1四半期に期待以上の成長率を記録したのは、輸出の増加が企業の生産と設備投資につながったことによるとみられている。韓国銀行(中央銀行)によると、昨年第4四半期マイナス0.1%を記録した輸出の伸びが、今年第1四半期には1.9%に増加し、設備投資(4.3%増)、建設投資(5.3%増)などの投資も増加傾向をみせた。




しかし、記事は「韓国政府による高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定に対する中国政府の経済的報復の影響が第2四半期に集中するうえに、すでに生産や投資にも一部影響が現れていることから、第2四半期にもこのような成長率改善の勢いが続くのかは不確実」と述べている。 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「第1四半期といえば、黄教安(ファン・ギョアン)首相が大統領権限代行を務めていた時だ、彼の功績か?」「黄教安って実力あったんだ」「黄教安大統領権限代行のおかげだ」など、黄教安前首相の大統領権限代行当時の功績をたたえる声が多く寄せられた。
http://www.recordchina.co.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国経済の中枢である製造業の成長率鈍化が続く中で、過剰投資資本規模が85兆ウォン(約8兆5000億円)に達するという分析が出たとハンギョレ新聞が伝えている。昨年12月過剰資本規模が約20年前の外国為替危機直後の水準を超えるほどに深刻なことが分かったとした。現代経済研究院が出した「国内製造業、どれくらい過剰投資がされているか?」報告書によれば、2015年基準で製造業に“過剰投資”されている資本ストック規模は84兆6千億ウォンと推算される。

成長性・収益性・生産性の側面から調べても、深刻な過剰投資状態であることが明確にあらわれた。韓国経済低迷とともにサムスンなどは、半導体好調の裏で製造設備投資を続けている。製造業売上増加率は、2010年(18.5%)以後下落傾向が続き、2014年からはマイナス成長に進入した。昨年は-3.0%まで減少幅が大きくなった。売上高営業利益率も2010年に6.7%水準まで上昇したが、2014年には4.2%に低下した。生産性(総資本投資効率)は2004~2006年の平均24.6%から2013~2015年には19.0%まで下落した。

だがその一方で、過剰生産の加速にもつながっており、部品単価を押し下げるには大量部品購入が必要となる。製品も大量に生産すれば、低コストで売るしかない反面利益は損なわれる。見た目の経済成長率は上昇し、一見良好に見えても、内情は良い状態ではないだろう。必死なわけで、現代自などは工場建設はしたが、販売が伸びずに、数量に走れば原価割れとなり、シェアを落せば、利益減となり、来年以降が厳しくなる。本来研究費を拡大し、設計に生かすとともに、マーケティング手法の拡大が必要となる。だが他企業との提携はもっと重要で、質の高い人材の共有に設備の共有は不可欠となる。今後は単独行動ではなくトップ企業と提携し、追いついて行く事が求められる。タイミングを逃せば終わりとなるが…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年06月05日 13:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL