韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  在韓米国人の避難訓練を実施、有事には日本に脱出

在韓米国人の避難訓練を実施、有事には日本に脱出

在韓米軍の第8軍は5日、北朝鮮の攻撃などに備え、韓国に居住する米国の民間人を避難させる「非戦闘員退避活動(NEO)」を同日から9日にかけ実施するとフェイスブックで明らかにした。在韓米軍はこれまでNEOを上半期、下半期に各1度ずつ、年2回実施してきた。上半期の訓練は通常4-5月に実施されるが、今年は韓半島(朝鮮半島)の「4月戦争説」が出回っていたことから、誤解を招く恐れがあるとして今月に延期していた。

訓練の目的は、有事の際に韓国国内にいる米国の民間人らを海外に避難させる手順を熟知することだ。「非戦闘員」らがパスポートなど必要書類を持ってソウル市内の竜山基地など全国の集合地点と避難場所に集合すると、航空機・鉄道・船舶によって安全に日本に避難させるという内容だ。軍の関係者は「訓練の全ての過程を毎回実施するわけではなく、通常は必要書類を持って集合するところまで実施する」と述べた。

在韓米軍によると、今回の訓練への参加対象者はおよそ1万7000人。韓国に住む米国の民間人は在韓米軍の配偶者と直系家族、軍務員、その他米国の市民権者など、約20万人と推定されるが、このうち一部だけが参加することになる。





在韓米軍の関係者は「先月17日から各集合地点で、有事の際の行動要領と行政手続きを説明するNEO説明会を実施している」として「5日から9日までは訓練対象者のうち希望者約100人を選び、実際に航空機などに乗って韓半島の外に避難させる訓練を実施する」と説明した。

韓国駐在の外交関係者の間では今年4月、米軍が北朝鮮に先制攻撃を行う「北爆説」や「戦争説」が急速に拡大し、韓米合同軍事演習(キーリゾルブ、フォールイーグル)の期間中は韓国に居住する米国人らの退避動向を鋭意注視していた。米国は、北朝鮮が韓国の哨戒艦「天安」を爆沈させた直後の2010年上半期、「避難訓練を行えば戦争切迫説をあおる」との懸念を考慮し、避難訓練を中止した。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
在韓アメリカ人20万人に及ぶ。アメリカが北朝鮮を攻撃する場合には、在韓アメリカ人20万人荷動きがあるだろう。それとは別に北朝鮮との有事に備えた地下シェルターがソウル市内だけで3300カ所、全国では1万8000カ所が整備されている。もっとも老朽化でつぶれていないことを祈るが…。有事勃発後は「民間空港は閉鎖」されたと想定した上で、釜山までを米韓米軍が、そして釜山から日本(福岡・西日本)を海自が担うという。

だが、チャーター機を含む民間機で可能な限り多くの邦人を退避させることを主としているが足りないだろう。相当数が取り残されるだけでなく、飛行機はいつまで飛べるか不明だ。有事勃発の直後に、空港は閉鎖されたのち陸路となる。ただし、釜山に移動するまでに相当の死傷者が出ることになる。韓国国内には「北朝鮮の破壊工作員」がすでに潜伏しているという指摘もある。北朝鮮の破壊工作員と、韓国人の見分けは、米軍はつかないだろう。日本人もわからないだろうし、韓国人もスパイとの見分けはつかない。同じ人種で発音こそ違いはあるものの、言語も同じである。

結局、アメリカが先制攻撃するためには、事前に20万人の在韓アメリカ人は非難させる事になる。一方で不意に起こる戦争には上記の様に問題は絶えないわけで、早めに在韓アメリカ人はアメリカに戻るべきだろう。戦争になれば日本での受け入れば困難となる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月06日 10:28 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp