韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  電通が中国での広告マン育成講座に延べ1.6万人の中国人学生が受講

電通が中国での広告マン育成講座に延べ1.6万人の中国人学生が受講

中国での広告人材の育成をめざして、中国教育部(日本の文部科学省に相当)と日本の広告会社大手である電通が共同して行っている人材育成プログラム「電通・中国広告人材育成基金プロジェクト」がバージョンアップして2020年までの「電通・中国広告未来人材イノベーション協同プロジェクト」として再始動することが決まった。中国教育部と電通は6月1日に調印式を行い、2017年から2020年までの新プロジェクトの実施を確認した。

電通が関係する中国での人材育成プロジェクトは、1996年にさかのぼる。中国側からの広告人材育成への協力要請を受け、同社が1996年に発足させ、2004年まで実施していた中国を代表する6大学を対象にした「日中広告教育交流プロジェクト」がある。このプロジェクトでは、広告講座、セミナーの実施。また、準教授クラスを研修員としての電通本社への招へいなど、さまざまな形で支援事業を展開した。電通本社に招へいした広告教員は90名、学生広告講座を受講した学生は延べ4000名以上となった。

そして、2005年からは対象とする大学を中国全土に広げた「電通・中国広告人材育成基金プロジェクト」をスタート。基金プロジェクトという新たなスキームのもと、300以上の大学を対象に、研修員の招へいやセミナー開催のほか、委託研究、イノベーションラボ、客員講師派遣、教材の出版など新しいプログラムも加えた。




基金プロジェクトには、2005年から2017年の間に、延べ約2000名の電通社員が講師を務め、中国でセミナーを受講した教員数は約2000名、広告講座を受講した学生数は1万2000名超になった。また、電通本社で選抜研修を受けた教員数は160名に達している。 そして今回、新たにスタートする「電通・中国広告未来人材イノベーション協同プロジェクト」は、日中の「相互学習」と「協同創新」を実現していくことを新たな目標として掲げている。中国国内における広告活動のレベルアップなどを踏まえ、日本から一方的に教えるという段階から一歩進めた関係の構築をめざす。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
プロジェクトの原型となったのは、中国側からの広告人材育成への協力要請を受け、当社が1996年に発足させ、2004年まで実施していた中国6大学を対象にした「日中広告教育交流プロジェクト」となる。中国を代表する6つの大学を対象に、広告講座、セミナーの実施、準教授クラスの研修員としての電通本社への招聘など、さまざまな形で支援事業を展開した。電通本社に招聘した広告教員は90名、学生広告講座を受講した学生は延べ4,000名以上となり、広告コミュニケーションの最新理論や実践経験の伝授を通じて、中国における広告教育のレベルアップに大きく貢献したという。

2005年からは「電通・中国広告人材育成基金プロジェクト」として、基金プロジェクトという新たなスキームのもと、対象となる大学を中国全土へと広げ、300以上の大学を対象に、研修員の招聘やセミナー開催のほか、委託研究、イノベーションラボ、客員講師派遣、教材の出版など新しいプログラムを加えて、時代とともにプロジェクトは進化してきた。日中の「相互学習」と「協同創新」を実現していくことを新たな目標として掲げている。中国だとこれだけで十分起業できそうだが…。映画の宣伝やら様々なイベント宣伝などなど、広告ノウハウを電通が中国に提供する意図は何なのだろうか…。

昨年6月に電通はグループの売上高に相当する「収益」に占める中国比率を現在の約7%から10%に引き上げると伝えている。インターネット広告などデジタル分野で中国企業のM&A(合併・買収)を続け、規模を拡大する。米国に次ぐ世界2位の規模を持つ中国の広告市場は当面、年率5%超で成長していくと判断し、積極的に投資するとしたわけで、電通は、中国売上高比率10%へ 拡大し、積極的なM&A継続するという事の様だ。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年06月06日 13:33 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
電通の育成なんかに価値はあるの?
[ 2017/06/06 15:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL