韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】アップルが人工知能スピーカー「ホームポッド」を公開

【韓国経済】アップルが人工知能スピーカー「ホームポッド」を公開

アップルが初の人工知能(AI)スピーカー「ホームポッド(HomePod)」を公開して、アマゾンやグーグルが先取りしているスマートスピーカー市場に挑戦状をたたきつけた。グローバル恐竜メーカーのモノのインターネット(IoT)市場の主導権を巡る争いが加熱され、韓国語のAIサービスを披露した国内情報技術(IT)業界も緊張している。

アップルは5日(現地時間)、米カリフォルニア州サンノゼメケナリーコンベンションセンターで開かれた世界開発者会議(WWDC)で、音声秘書「シリ」を搭載した家庭用スピーカー「ホ-ムポッド」を披露し、12月に発売すると発表した。アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、「ホームポッドは信じがたい知能を持っている。本当に素晴らしくて新しいAIスピーカーになるだろう」と自信を示した。

アップルはすでに、アマゾンとグーグルがスマートホームスピーカー市場の95%を占めている状況で、遅れて市場に参入した。しかし、4000万曲の音源が保存されたアップルミュージックと、2011年にアイフォーンで初披露された後、7年間アップグレードを続けてきた音声秘書「シリ」など、差別化されたユーザー体験を通して迅速に追いつけるという自信を見せている。アイフォーンやアップルウォッチなどの既存の人気機器との連動性も強みとなっている。

音声で会話できる同社の人工知能(AI)「シリ」を搭載した音楽スピーカー「ホームポッド」を発表した。話し掛けるだけで音楽再生だけでなく、さまざまな情報を知らせてくれるAIスピーカーは米国で市場が急拡大している。アップルは圧倒的シェアを握るアマゾン・ドット・コムに挑む。



アップルグローバルマーケティングのフィリップ・シラー上級副社長は、「アップルミュージックとシリとを合わせたものがホームポッドだ」と主張し、「ホ-ムポッドを『音楽学者(musicologist)』に仕上げた」と強調した。2000年代、携帯音楽サービス時代を率いたアイポッドのように、家庭内音楽サービスを主導するという狙いがうかがえる。

ホームポッドは、高さ172ミリ、直径142ミリの円筒形ボディに、アイフォーン6に搭載されたA8チップ、7つのツイッター(高音スピーカー)と4インチウーファー(低音スピーカー)が内蔵されている。音響自動調整センサーは、室内空間や物を分析して最適のサウンドを追求する。アップルミュージックと連動して、ユーザーの好みに合った曲を聞かせ、メッセージ確認、天気やニュース検索、翻訳など様々な機能を実行できる。機器内部には、6つのマイクが内蔵されていて、ユーザーの声をより正確に分別できる。価格は349ドル(約39万ウォン)に策定された。
http://japanese.donga.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国メーカー各社も、グローバルAI秘書の韓国進出が本格化する前に対応を急いでいる。SKテレコムが昨年9月、音声認識基盤AIスピーカー「ヌグ(誰という意)」を発売後、KTが「ギガジニ」を披露している。「ヌグ」は先月、発売から7ヶ月間で販売台数が10万台を突破し、KTのギガジニも同様に月1万〜2万台ずつ販売され、今月末までの累積販売台数は10万台と予想されている。ネイバーは、日本のメッセンジャー子会社「ライン」と一緒に、AIスピーカー「ウェーブ」を開発して、今夏の発売を控えている。

【HomePod の特徴】
●7方向ビームフォーミング対応のツイーター・アレイを装備
●精密なアコースティックホーン(音響)
●音の指向性を制御
●4インチウーハーを搭載
●A8チップを搭載
●リアルタイム・アコースティック・モデリング
●オーディオ・ビームフォーミング
●マルチ・チャンネル・エコー・キャンセル
●Apple Musicのサブスクリプションと連携
●円筒の周囲に6つのマイクを装備(マイクロフォン・アレイ)

残念ながら、日本での発売の情報もなかったが、こちらは日本語対応に起因するものだと思われる。米国、英国、オーストラリアの後、順次販売地域を拡げていくとのことなので、日本市場への早期投入に期待したい。使用済みのスマホと連携する機能でもあれば、日本でも使用可能となる等々の機能くらいは欲しかったが…。サムスンを含めてIoT主導激戦が始まる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月07日 10:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp