韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  スポーツ >  日本が中国卓球選手をこんなに評価しているとは驚き

日本が中国卓球選手をこんなに評価しているとは驚き

中国は卓球王国と呼ばれ、五輪や世界選手権では中国人選手がメダルを独占するケースが多く見られる。近年は水谷隼選手や平野美宇選手のように中国人選手を脅かす日本人選手が現れつつあるが、中国の選手層の厚さや代表の強さに異論を挟む余地はない。

中国メディアの今日頭条は6日、卓球の人気が高まりつつある日本では、中国代表の選手が非常に高く評価されていると伝え、日本の一部テレビ番組における評価を引用しつつ、「日本が中国卓球界をこんなに高く評価しているのは驚きだ」と伝えている。 記事は、ドイツで開催された世界卓球選手権は日本で大きな関心を集めたと伝えつつ、日本代表選手に注目が集まると同時に、優勝に立ちはだかる壁として中国人選手たちにも注目が集まったと指摘した。

さらに、一部テレビ番組は中国人選手たちの戦力を分析するにあたり、パワーやスピード、サーブなどを戦力チャートとして表現した際、中国の馬龍選手は満点と評価され、さらには「地上最強の男」と評価されたと紹介した。




日本が中国の卓球選手を客観的かつ正面から正当に評価していたことは、中国人にとっては大きな驚きだったようだ。これは中国が日本に関することを正当に評価できないことの裏返しとも言えるが、いずれにしても「強くなれば、このように他人から尊重されるということを我が卓球選手が教えてくれた」と伝えている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
日本強いですね~。結成から6年。その間、お互いの実力とダブルスに大切なコンビネーションを磨いてきた吉村真晴(名古屋ダイハツ)・石川佳純(全農)ペアが「世界卓球2017ドイツ」(個人戦:世界選手権デュッセルドルフ大会)で悲願の金メダルを獲得したのは感動的でした。個人戦が行われた2015年蘇州大会では惜しくも銀メダルであと一歩金メダルに届かなかっただけに、今回のデュッセルドルフ大会優勝に懸ける思いは強く、ゲームオールの大逆転勝利を決めた瞬間、二人は抱き合って喜びを分かち合い歓喜の涙を流した…。

しかし、絶対王者の中国の壁は厚いわけで、東京オリンピックが非常に楽しみとなりました。とはいえ中国は日本選手をかなり研究している様ですが…、日本の卓球界も頂点を狙えるようになったことは喜ばしい事です~。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月07日 11:35 ] カテゴリ:スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL