韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  在韓米国人の避難訓練実施 米原子力潜水艦入港で北の挑発抑止

在韓米国人の避難訓練実施 米原子力潜水艦入港で北の挑発抑止

朝鮮半島有事を告げる前触れなのか。在韓米軍の8軍が5日から9日まで韓国に居住する米国の民間人を避難させる「非戦闘員退避活動(NEO)」を実施するとフェイスブックで明らかにしたと韓国紙、朝鮮日報(日本語版)が5日に報じた。実際に訓練が始まったかどうかには触れていない。

同紙によると、訓練の参加対象者は、韓国に住む米国の民間人約20万人のうち約1万7000人。在韓米軍の関係者は「先月17日から各集合地点で、有事の際の行動要領と行政手続きを説明するNEO説明会を実施している」として、「5日から9日までは訓練対象者のうち希望者約100人を選び、実際に航空機などに乗って韓半島(朝鮮半島)の外に避難させる訓練を実施する」と説明したという。

在韓米軍はこれまで年2回、上半期と下半期にNEOを実施。上半期の訓練は通常4~5月に行われるが、今年は「4月戦争説」が出回ったため、誤解を招くおそれがあるとして今月に延期したとしている。とはいえ、朝鮮半島情勢が緊迫していることには変わりない。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮は例年以上のペースで、弾道ミサイル発射を繰り返している。5月には14日、21日、29日と3週連続でミサイル発射に踏み切った。





相次ぐミサイル発射を受け、国連安全保障理事会は今月2日、制裁決議を採択した。だが、北朝鮮は反発を強め、朝鮮中央通信は4日、「高度に精密化され、多種化された『チュチェ弾』の壮快な雷鳴は世界を震撼(しんかん)させながら多発的に、連続的に絶え間なく響き渡るであろう」とする外務省の報道官談話を伝えている。

聯合ニュースは5日、軍消息筋の話として、米海軍の原子力潜水艦「シャイアン」が6日に釜山に入港し、韓国海軍と合同訓練を行うと報じた。記事では、シャイアンが朝鮮半島全ての海域から北朝鮮の重要施設を攻撃できるため、周辺に停泊しているという事実だけで、核・ミサイル挑発を抑止する効果が期待されるとしている。 本当に抑止だけなのか気になるところだ。
http://www.zakzak.co.jp/soc/

【管理人 補足記事&コメント】
もし戦争が勃発すれば、北朝鮮との国境管理が緩慢になり、一般市民が北朝鮮国外に逃れる事になる。となると圧倒的大多数は韓国に逃れるのででゃないか…。韓国の憲法では、北朝鮮籍を有する者は韓国に入国できたら一定の身元確認作業を経た後で原則的に韓国の市民権を得られることになっている。韓国に逃れることが大多数の北朝鮮市民にとって最も合理的な選択と言えるが…。そもそも朝鮮半島における軍事境界線にロシアとアメリカがかかわっているならば、アメリカが攻撃したらロシアが黙って見過ごすはずもない。また今ではそれを中国が見ているわけも無い。

現実に考えれば大国大戦争となるわけで、トランプがいくら歴史認識が薄いとはいえ、その程度は理解しているだろうと思うが…。従ってそう簡単に朝鮮半島における戦争はあり得ないが、小競り合いは続くだろう。その度合の大きさは分からないが、少なくとも本気でアメリカが何か行動を考えているならば、韓国に住む米国の民間人約20万人をアメリカに移動させる動きが必ずあるだろう。急な戦争勃発時に在韓米国人の避難訓練実施が効果的かと言えば、私は難しいと思うが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月07日 13:32 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp