韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  人手不足は深刻だが賃金は横ばいの“ジャパン・パズル”

人手不足は深刻だが賃金は横ばいの“ジャパン・パズル”

日本で第2位の宅配会社である佐川急便は、週3日休むトラック運転手を正社員として採用することにした。育児や親の介護のため一週間に3日は休まなければならない人たちがおり、そのような人まで採用しなければ人手不足が解消されないためだ。業界1位のヤマト運輸も同様の制度の導入を検討している。大和証券は、故郷で働きたい若者が多いという事実を考慮し、今年から転勤のない職群を別途設けた。景気は回復しているが経済活動人口は減少しているために、日本の産業界のあちこちで求人難が深刻になっている。就職情報サイトのディスコは、来年大学・大学院卒業予定者のうち就職内定を受けた人は63.4%で、昨年より8.5%ポイント増えたと6日発表した。

日本では就職市場が求職者優位に変わったという報道があふれている。失業率は4月基準で2.8%で、事実上完全雇用レベルだ。人手が不足すれば賃金が上がり、これによって消費も増加する好循環が発生しなければならないが、現実はそうではない。ウォール・ストリート・ジャーナルは、労働力は不足しているのに賃金は停滞状態であり、経済学者らも頭をかしげる“ジャパン・パズル”現象が続いていると報道した。日本の総務省が集計した労働者の月平均賃金は、1997年に29万8900円で、昨年の30万4000円とほぼ変化がない。安倍晋三首相が大規模な量的緩和を筆頭にアベノミクス政策を推し進めた2012年以降を見ても、2014年は29万9600円、2015年は30万4000円とそれぞれ1.3%と1.5%の上昇にとどまった。昨年は30万4000円で前年と同じだった。




これを説明するいくつかの仮説がある。まず、賃金が低い非正規雇用の割合の増加である。非正規職の割合は40%以上と、1990年代の20%水準から急増した。別の説明は人口構成の変化だ。高い賃金を受け取っていた高齢者が一気に退職し、若い世代は低い初任給を受ける。このため平均賃金があまり上がらない。未来の経営状況を楽観できない企業が、賃金引上げを渋ることも主な原因とされている。労働者側でも基本給をたくさん上げた場合、景気の悪化時の雇用不安を招きかねないという心配のために引き上げを積極的に要求しない。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
ヤマト運輸が、運転手を含む正社員を対象に週休3日制の導入を検討している。具体的には、何も決まっていないとのことだが、担当者は「業界というよりは、国全体の『働き方改革』の流れに沿ったものです」と話している。深刻な人材不足とされる物流業界全体の流れとなるのだろうか…。 佐川急便も6日、正社員のトラック運転手に週休3日制を導入したことを明らかにした。正社員の多様な働き方を認めることで人材を確保し、将来的に起こりうる労働力不足に備える狙いがあるという。

週休3日制の月給は東京勤務の正社員で18万~26万円とし、週休2日制とほぼ同じですが、週休3日制は残業が少ないため、実際の手取りは週休2日制よりも少なくなる見込みです。ボーナスや昇給は成果に応じて決定し、休日には兼業が認められる。例えば中小企業を例にとると、週休二日制が根付いて、大手企業にあわせる企業増えたのはつい数年前となる。連休で様々なアルバイトなどを実施している人も多いわけで、何でもありの中小企業とはいえ、思いは複雑だ。

一方で週休3日制にすることで、雇用を増やし、仕事量を増やせるかが問題となるが、その一方で他産業で実施すれば、残業規制をかければ、ワークシェアリングとなり、雇用促進となる。また海外労総者雇用を含めて、新しい風を企業に吹き込むことも可能となる。成長戦略に必要な行動でもある。日本も海外労働者とともに能力を競い合って、より一層アイデアだしに効果を発揮してほしいものである。働く女性を考慮すればパートタイム社員もありだろうと思うが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月08日 09:58 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL