韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「旭日旗」ハンバーガー包装?…度が過ぎる反日情緒

「旭日旗」ハンバーガー包装?…度が過ぎる反日情緒

「包装紙の図案が旭日旗を連想させれば、それはデザインの失敗だ」「単にズワイガニを形象化したものでは」。 ハンバーガーの包装紙をめぐり突然オンラインで「親日論争」が熱くなっている。バーガーキングが先月発売した「ズワイガニワッパー」の包装紙が旭日旗を連想させるとして一部のネットユーザーが激しく抗議中だ。ファストフードにまで「親日」レッテルを貼るのは常識外れだという声が多い。

「ズワイガニ」のデザインが旭日旗の模様と似ているというのが論争の発端だ。赤い甲羅は日章、脚は光線に見え、旭日旗を連想させるという指摘が、インターネットを中心に広まったのだ。「親日企業」だとしてバーガーキングに激しい攻撃が向けられている。バーガーキング側は「カニをただ形象化しただけ」とし、困惑している。 旭日旗は日の出を形象化した過去の日本帝国の軍旗。中央の日章から赤い直線が伸びるデザインが特徴だ。韓国や中国など日本の植民地支配を経験した国では帝国主義と戦争犯罪の象徴として通じる。

旭日旗論争は素材を問わない。名士でもこれにかかれば世論の集中砲火を浴びる。芸能人のチョン・チャンウさんは2014年、赤縞の服を着て放送に出演したことで非難を浴びた。旭日旗と関係がないと釈明したが、チョンさんは「とにかく自分に非がある」と述べ、謝罪することになった。





度々出てくる旭日旗論争は過度な民族主義と民族主義的コンプレックスという複雑な情緒が出発点だ。ある文化評論家は「カニのデザインから旭日旗を連想するのはナンセンス」とし「民族主義に傾倒した常軌を逸する嫌日」と述べた。李栄薫(イ・ヨンフン)ソウル大名誉教授は「いつもそうであるように旭日旗論争も日本に対して抱いている一種のコンプレックスの働き」と診断した。

反日・嫌日情緒は思想と表現の自由を脅かす危険なレベルまで進化中という評価だ。『帝国の慰安婦』出版後に名誉毀損で起訴された朴裕河(パク・ユハ)教授の事例がよく表している。裁判所は「批判と反論が提起されるが、あくまでも価値判断の問題」として1月に無罪を言い渡した。しかし「司法府も親日派」という一部の感情的な非難は続いている。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
ファストフードチェーン「バーガーキング」が韓国で先月売り出した「ズワイガニワッパー」の包装紙デザインをめぐり、一部ネットユーザーから「旭日旗を連想させる」と抗議の声が上がっている。韓国経済新聞はこの一件など「ジャンルを問わない『親日』のレッテル貼り」の事例を挙げ、度を越した韓国人の反日感情が背景にあると懸念を含め報じている。 白地に赤色で大きくズワイガニを描いた「ズワイガニワッパー」の包装紙。バーガーキングは「カニを具象化して表現した」としているが、この絵柄が韓国のネットなどで「旭日旗と似ている」と指摘され、ついには同社を「親日企業」と攻撃する声まで出ている。一方で、記事によると「ファストフードにまで『親日』のレッテルを貼るのは常識外れ」との声も多い。

年起こった「旭日旗関連の主な騒動」をリスト化して紹介している。2012年以降、今回のカニ問題も含めその数6件。ほぼ毎年、さまざまな所で大小の騒動が起こっているのだ。12年には、韓国の地方都市の駅前広場を空中から見た形が旭日旗に似ていると指摘され問題になり、14年にはある芸能人が赤いしま模様の衣装でテレビ出演して、旭日旗とは無関係の柄だったが批判が収まらず謝罪した。 何というのかここまでくると歴史依存病を通り越している様だが…。赤が入れば何でもそう見えるのでは困りごとだろう…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月08日 11:13 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
そんなに旭日旗の意匠が嫌いなら..
 旭日旗を連想する物を全て排
除してみればいい、 丸から放射
状の線が出る形の物すべて。

 歯車も車のホイールも連想できる
っちゃあできる、 旭日旗の意匠
はどこにでもある、 第一、 太陽
を意匠化したモンだし、 太陽が嫌
なら地面に潜って、 そのまま地
底人になって二度と出てくんな


 それにしても旭日旗のデザイン
、 普遍的で根源的で、 素敵なデ
ザインだとワテクシは強く思います。

[ 2017/06/08 12:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp