韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  悔しい! 漢方薬は「中国の宝」なのに「日本が儲けている」

悔しい! 漢方薬は「中国の宝」なのに「日本が儲けている」

京劇、中国画と並んで「中国の3大伝統文化」とされることが多い中国医学。しかし、中国医学をもとに発展した漢方薬のほうが世界的な認知を得ているのだという。中国メディアの捜狐網は5日、漢方薬が世界的な認知を得ているのは「日本の製薬会社が世界に向けて販売しているから」と伝え、「中国の漢方なのに、日本が世界中で稼でいる」と論じる記事を掲載した。

記事によると、日本に中国医学が入ってきたのは唐の時代にまでさかのぼるが、江戸時代には蘭学が人気となり、明治維新以降は西洋医学が盛んになり、日本では漢方医学離れが顕著になった。しかし、日本では1970年代になって、慢性疾患やアレルギーなどが西洋医学ではなかなか解決できなかったため、漢方医学が再び脚光を浴びるようになったと紹介した。

では、日本の漢方薬はどのように「中国を超えた」のだろうか。まずは「政府の支持」により、保険対象となり漢方医学の教育が重視されるようになったこと、また、「企業によるイノベーション」があるという。日本の製薬会社は、飲みにくい漢方薬を現代人の生活に合わせて顆粒剤、錠剤、カプセルなどの形に変える工夫をしている。さらに効果を最大限に保つための技術や設備投資にも力を入れるなど、イノベーションを続けてきた。




別の面としては、感覚に頼り、調合する人によって処方される薬に差が生じる中国の漢方薬と違い、日本の漢方薬は一定した高い「質」が保証されているため世界に受け入れられているとした。さらに、日本の漢方薬は「伝承を重んじて」いて、古い漢方の書物を翻訳・出版し、同時に最新の漢方の情報にも通じていることを高く評価した。

しかし記事は、日本における中国医学には「廃医存薬」、つまり中国医学の理論を廃棄して薬だけ残すという悪い側面があると指摘。「中国医学は中国人の家宝」であり、「本家大本」であるゆえ、中国には「日本の漢方産業を超える余地がある」と主張し、「中国も漢方薬で大いに成功しなければ」と、日本の成功にあやかり波に乗りたい心境をのぞかせた。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
中国漢方薬の国際市場シェアは何とわずか2%でしかない。90%以上のシェアを得ているのは実は日本である。残りは韓国と台湾であり、それぞれのシェアは中国より大きい。中国はただ日本と韓国のために漢方薬の原材料を提供しているに過ぎない。中国発祥である漢方医学が発祥地中国で発展していない原因について、中国人が漢方医学よりも西洋医学を重視したことにある。漢方医学には冠状動脈性心臓病を根治できる「絶技」があったが、中国の先人たちはそれを捨てて一時的な効果しかない西洋医学のカテーテル法を「宝と見なした」と中国メディアは報じている。

中国で漢方医を開業するには院内に100平方メートルの面積、検査技師、薬剤師そして5名以上の医者が必要で、そのためある漢方医学の教授は無条件で開業できる米国に渡り、現在漢方医として毎月9万ドル(約963万円)以上の収入を得ているという。漢方医開業の条件が厳しすぎることも、中国で漢方医学の発展が見られない原因の1つのようだ。とはいえ、日本の漢方薬の原料である生薬のほとんどが、中国産であることは事実である。日本漢方生薬製剤協会の調査では、何と8割が中国産との事。多くの漢方薬に含まれて最も消費量の多い「カンゾウ」という生薬に至っては、100%中国産というから驚きだが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月08日 13:25 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL