韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  元保健福祉部長官に懲役2年6カ月…「サムスン賄賂」立証に一歩近づく

元保健福祉部長官に懲役2年6カ月…「サムスン賄賂」立証に一歩近づく

裁判所が朴槿恵(パク・クネ)政権の“政経癒着”の代表的事例とされるサムスン物産と第一(チェイル)毛織合併に違法行為が介入したと判断した。裁判所は、国民年金の合併賛成の決定が異常であった点を指摘し、国民の「未来財産」で、大企業総師一家の懐を肥やした高位公職者たちに責任を問うた。

ソウル中央地裁刑事21部(裁判長のチョ・イヨン)は8日、国民年金がサムスンの合併に賛成するよう保健福祉部公務員らを動かし、職権を乱用した疑い(職権乱用権利行使妨害)などで拘束起訴されたムン・ヒョンピョ元保健福祉部長官(61)に、懲役2年6カ月を言い渡した。国民年金投資委員会委員に合併賛成を指示し、国民年金に莫大な損害を与えた疑いで業務上背任の容疑が認められ在宅起訴されたホン・ワンソン元国民年金公団基金運用本部長(61)にも、懲役2年6カ月を言い渡し、法廷拘束した。

裁判所はムン元長官の容疑をほとんど認めた。2015年6~7月にムン元長官が、部下職員らの前で「サムスンの合併が実現してほしい」という趣旨の発言をし、外部の専門家で構成された専門委員会の代わりに内部投資委員会で審議するようにして、合併賛成の議決を導いた行為などが、職権乱用に当たると判断した。




裁判所は「ムン元長官が年金分野の専門家でありながら基金運用の独立性を侵害し、国民年金基金に株主価値の毀損という損害をもたらした」と明らかにした。また、ホン元本部長については「基金運用本部長として基金資産の収益性と株主価値を増大させる方向で株式議決権を行使すべき責務を果たさなかった」と指摘した。

裁判所はムン元長官の圧力行使の背景に「サムスンの請託」または「朴槿恵前大統領などの大統領府の指示」があったかどうかなど、“犯行の動機”に対する判断は判決文に盛り込まなかった。現在進められているサムスン電子のイ・ジェヨン副会長と朴前大統領の裁判を意識したものとみられる。ただし、「両社の合併でイ・ジェヨンなど、サムスンの大株主に財産上の利益があった」いう点は明確にした。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
ハンギョレ新聞は5月29日の記事で、国内機関投資者のうち唯一、サムスン合併に反対意見を出したチュ・ジンヒョン元韓火投資証券代表は、国民年金公団の議論する過程で大統領府が介入したと主張したと報じている。チュ元代表は「パク・チャンギュン中央大学教授(当時専門委員)に(投資委員会だけが行われた理由を)訊いたところ、『大統領府の意向だそうです』と言われた」と証言した。チュ元代表は、特検調査でも「サムスンのために国民年金公団を動かせるのは大統領府しかありませんが、マスコミ報道をみると、サムスンの乗馬支援などが、見返りとして大統領府が得たものではないでしょうか」と供述したという。

サムスン物産株式の11.21%、第一毛織株式の4.84%を保有している国民年金公団である。国民年金としては結果として莫大な損失が出たわけで、それは誰が保証するのだろうか…。次第に明確になるにつれて、国民年金損失問題でも騒ぎ出すだろう。サムスン副会長が一線を超えた上に、朴槿恵も一線を越え、両者でゆがんだ行動を実施しているわけである。と考えるとサムスンに融資している日本のメガバンクをはじめとして、韓国における企業利用は限界点を超えているわけで、日本企業も見切りをつけるべきだが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月09日 09:34 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL