韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  中国人消費者から見た「日系車の長所と短所」、長所は・・・

中国人消費者から見た「日系車の長所と短所」、長所は・・・

世界最大の自動車大国となった中国は世界中のメーカーがしのぎを削る、競争の激しい市場だ。一時的な流行を背景に販売を伸ばすメーカーや車種があるなかで、販売を維持し、継続してシェアを高めていくには本質的な競争力が求められることになるのは言うまでもない。中国では数あるメーカーのなかから日系車を選ぶ消費者は少なくないが、中国人消費者は日系車のどのような点を評価しているのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、ある中国人消費者の見解として、「日系車の長所と短所」について考察する記事を掲載した。記事は日系車の長所を3つ紹介している。

まず挙げたのはやはり「低燃費」という長所だ。毎日車に乗る人にとっては燃費性能の良し悪しは直接的な維持費に関わってくるため、やはり日系車の燃費の良さは「大きな魅力」であるとした。また、耐久性があって、故障が少ないことも消費者にとっては嬉しい点であると指摘した。 さらに、「乗る人の立場にたった設計や配慮」も日系車の長所だと紹介。「日系車の内装は欧米車に比べて中国人の審美眼に合致する傾向にある」としたほか、車内空間の広さを求める中国人にとって「日系車は室内が広くて快適」だと指摘した。また、3つ目の長所として「コストパフォーマンス」を挙げ、「同じ価格帯の車種で比較すると、他のメーカーには真似できないスペックの車が日系車なら手に入る」とした。
 



では、日系車の短所とはどのようなものだろうか。記事は、「車のデザインに覇気や上品さが感じられない」と指摘し、デザイン的に政府官僚や企業の幹部が乗りたいと思える車が少ないことが短所だと論じた。これに対して中国のネットユーザーからは、「加速を選ぶならドイツ系を、低燃費・低維持費を選ぶなら日系車だ」、「日系車に乗ってるが、確かに全然壊れないぞ」といった声が寄せられていた。中国では車はまだ安い買い物ではないが、街では多くの日系車を目にする。車を購入する際に、比較検討して考えるプロセスが楽しいという人もいるかもしれないが、多くの中国人が日系車の長所を認めて購入しているのは日本人としては嬉しいことだ。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
2017年2月11日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国国内で最もよく売れている日本車について紹介する記事を掲載している。中国国内で販売台数が最も多い日本車は、日産・シルフィだという。2016年には36万台を販売したが、10年前から販売しているシルフィは、売れ行きが良くなっているのだという。 その人気の理由について、中級車として手ごろな価格、セダンで2700ミリというホイールベース、「Bluebird」のロゴに対するイメージの良さ、のちに1.6リットルが発売されて価格がさらにお手ごろになったことを挙げている。

また、室内空間が広くてシートの座り心地も良く、デザインもおしゃれで家族全員から好まれると分析。燃費も良くメンテナンス費も抑えられ、信頼性が高いと評価し、欠点もあるものの、それを補って余りある良い車種であり、「シルフィを選ぶことは賢明な選択だ」と一押しした。 2012年12月のフルモデルチェンジでは従来以上に世界戦略車としての使命が与えられという。全幅が1,700㎜を超え、3ナンバーサイズへと進化した。同時に、同一ボディのまま北米市場やアジア/オセアニア市場等、世界各国で販売された。型式もそれまでのG1#型からサニーやセントラの流れを汲むB1#型に編入され、B17型を名乗ることになり、日本市場においてはブルーバードの名が外れ、単にシルフィを名乗ることになったのもこの型からである。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年06月09日 11:52 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL