韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】本当にヤバい韓国・現代自、お得意様・中国で販売激減

【韓国経済】本当にヤバい韓国・現代自、お得意様・中国で販売激減

サムスン電子とともに、韓国経済の両輪とされてきた現代自動車がさまざまな面で落ち込んでいる。中でも目を引くのは、中国での販売激減だ。「THAAD(高高度防衛ミサイル)のせい」ということになっているが、本当にそれだけだろうか。現代自は4月、政府の勧告に従い、いやいや17万台のリコールを実施したが、近々追加のリコール命令が発せられそうな雲行きだ。

そうしたなかで、今や「韓国名物」とも言える強力労組は「1人当たり年収ベース3000万ウォン(約294万円)超」の17年賃上げ要求を決めた。そして、ほどなく文在寅(ムン・ジェイン)政権による“財閥いじめ”が本格化する。現代自財閥は「社内下請け・差別的な非正規職雇用」や「部品メーカーいじめ」「オーナー一族の資産形成の不透明さ」…と、いろいろ抱えている。これは、サムスン以上に「本当にヤバい」。

現代自と、傘下企業である起亜自動車にとって、中国は自動車需要が無限に続く市場であり、販売台数の20~25%を占めるお得意様だった。だから中国首脳の勧めに従い、生産工場を次々に造った。年内には5番目の工場が完工する。中国での両社の生産能力は150万台を上回るだろう。





ところが、今年3月の中国での販売台数は、現代自が前年同月比44・3%減、起亜自は同68%減だった。4月は現代自が3万5009台で前年同月比63・5%減、起亜自は1万6050台で同68%減。前年同月比で7割近い減少とは、企業経営の常識にはあり得ない数値だろう。現代自に付いて中国に進出した部品メーカーについて、朝鮮日報(4月12日)は「中堅部品会社の工場稼働率は最近50-60%台に落ちた」「今のような状況が3カ月以上続く場合、一部は倒産が避けられないという懸念が出ている」と伝えている。

韓国の自動車メーカーは毎月初旬、たいていは3日か4日に国内・海外の販売台数を発表する。5月は現代自が海外30万7362台(16・5%減)、国内6万0607台(0・4%減)と発表したが、中国での販売台数については「発表なし」だった。おそらく回復基調も見えてこない数字だったのだろう。現代自の凋落傾向は米国で早々と明らかになった。16年5月、同社の販売台数は前年同期比10%超の減だった。単価はトヨタ車のほぼ半分、ディーラーへのインセンティブはトヨタとほぼ同額という無理を重ねても落ち込んだ。そして、17年5月も同15・4%減少した。
http://www.zakzak.co.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
国完成車メーカーの国内・海外販売台数が中国市場での不振が影響して2カ月連続で減少した。自動車業界によると、現代自動車の4月の販売台数は36万4225台で前年同月比11.7%減少した。現代の子会社、起亜自動車は同13.2%減の20万9832台だった。 現代は国内販売台数(6万361台)が同1.5%増加したものの、海外販売台数(30万3864台)が同13.9%減少した。起亜は国内が4万3515台で同10.3%減、海外が16万6317台で同13.9%減となった。

両社の販売台数が減少したのは、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍への配備決定以降の中国市場での不振が響いたためと朝鮮日報は報じているが、品質低下にクレーム発生と言うのは駄目押しだろう。 両社の中国での3月の販売台数は前年同月比52.2%減の7万2032台だった。中国市場における4月の販売台数は5万台しか売れず前年同月時と比較して、何と-65%を超える。1-4月実績で、前年と比較して、-37%となる。仏系も韓国系同様に大低迷である。一方日系は1-4月販売台数で前年と比較し、+21%であるから、差が広がるばかりである。




関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月09日 12:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp