韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】実績好調も…悩み深まる韓国半導体業界

【韓国経済】実績好調も…悩み深まる韓国半導体業界

「韓国半導体業界全体が攻撃を受けることになるかもしれない」。ある半導体業界の関係者は、最近の半導体事業実績好調がいつまで続くと予想するかという記者の質問に対し、「もうそのような記事は書かないでほしい」と懸念を表した。近くは顧客のセット企業から、遠くは各国の政府から「営業利益率を低めるべき」という圧力を受ける可能性があるという理由からだ。

まず、メモリー半導体の主要顧客スマートフォン企業の収益率が落ちている。世界市場の成長が急激に弱まっているからだ。サムスン電子でスマートフォン事業を担当する無線事業部は2013年に22.1%だった営業利益率が今年1-3月期には10%以下に落ちた。華為(ファーウェイ)、OPPO、Vivoの中国3大スマートフォンメーカーの営業利益率も5%以下となっている。このため「スマートフォンもテレビも発売直後から価格が落ち始めるにもかかわらず、部品の半導体価格はむしろ上がっている」という不満が世界の電子業界から出てきている。半導体価格は基本的に需要と供給に基づき決定されるが、部品企業の半導体会社としては発注企業を意識しないわけにはいかない雰囲気だ。

国内外の政治的環境も半導体業界にそれほど友好的でない。トランプ大統領就任後に保護貿易を強化している米国が、高い営業利益率を根拠に値下げ圧力を加える可能性があるからだ。米国は特定輸入品が米国を脅かすと判断する場合、輸入を制限できる貿易拡張法232条適用可能品目に半導体を含めている。




「所得主導成長論」を掲げた文在寅(ムン・ジェイン)政権の動きも負担になる。張夏成(チャン・ハソン)大統領秘書室政策室長は高麗大教授時代、「大企業の内部留保収益比率を0.6ポイント低めれば中小企業勤労者の賃金を17%引き上げることができる」と収益移転を主張した。「高い営業利益率を口実に大企業の収益を中小企業に移転させる利益共有制を半導体業種から適用する可能性がある」という懸念が出ている。

半導体企業側にも言い分はある。SKハイニックスの場合、かつて年間2兆ウォン近い営業損失を出したほど環境によって半導体事業の実績の浮き沈みは激しいということだ。業界の関係者は「年10兆ウォン(約1兆円)前後を投資しながらも6カ月後の収益を断言できないのがメモリー事業」とし「好況がどれほど続くかも分からない状況で国内外から牽制を受ければ『半導体崛起』に乗り出した中国業界だけが利益を得ることになるだろう」と述べた。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
サムスン電子は、成長の壁をM&Aで突破しようとしている。中国の存在とサムスン電子の現在の状況は、サムスン電子としてもM&Aに積極的にならざるを得ない状況と言える。サムスン電子の稼ぎ頭であるメモリ事業の収益悪化、スマホ事業において中国の追い上げを考えると、サムスン電子はM&Aを仕掛けることで、収益基盤の強化とさらなる成長を模索するしかない。サムスン電子は、これを効果的に実行に移すため、シリコンバレーに拠点をつくり、企業買収のための情報収集に必死である。サムスン電子は500億ドルの現金を保有し、今後、中国企業に対抗するため、積極的に企業買収に取り組む事になる。サムスン電子は直近1年間だけでも、10社近くM&Aをしている。そのなかでも、2億ドルを投資して買収したIoTのプラットホームの開発企業であるスマートシングスの買収は有名な話である。

ソフトバンクによるARM Holdings(の買収も、最近大きな話題になっている。ソフトバンクの孫正義社長は、ARM社を100%買収することで合意したと昨年発表した。キャリアによる半導体会社の買収で、今後ソフトバンクは、半導体事業を主軸に捉えたということになる。ARM社はイギリスに本社のある半導体設計会社で、1つのチップ上に動作に必要なすべての機能を搭載できるように設計を行う、世界的に有名な企業である。一般人にはあまり馴染みがないかもしれないが、スマホの世界では有名な会社で、スマホ半導体の97.98%はこの会社で設計されているのが現状である。

ARM社はロンドン証券取引所に上場している会社で、15年の売上高は9.6億ポンド、営業利益は4.0億ポンド、総資産は21.2億ポンドの優良企業である。孫社長はIoTへの布石として、この会社を買収する決心をしたと記者に話している。買収金額はソフトバンク史上最大である3.3兆円(240億ポンド)となる。またARMはファブレスである。つまりnVidia同様、工場を一切持たない。ここがIntelとの大きな違いとなる。iPhoneにはARMのコアが採用されているが、委託先はサムスンやTSMCなど複数のファブで製造されている。同じ型番のiPhoneであっても半々の確率でサムスンかTSMCということもある。だが、どちらにしてもARMコアが搭載されていることには変わりない。

まして今後は、一つのチップでフラッシュメモリーとDRAMを含むすべて半導体でワンチップ化となるだろう。ARM社を買収出来なかったツケが来るわけで、スマホ半導体はワンチップ方式となるほどに、製造委託で悩み続けることになる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月12日 11:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL