韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】ソニー、サムスン・LG抜いてプレミアムテレビ市場占有率1位

【韓国経済】ソニー、サムスン・LG抜いてプレミアムテレビ市場占有率1位

サムスン・LGなどの韓国勢に押されていたソニーが、プレミアムテレビ市場で急速に存在感を増している。 11日、市場調査企業HISによると、1台当たり1500ドル(約16万5000円)以上の「プレミアムテレビ市場」の1-3月期のメーカー別占有率を調査した結果、ソニーが39.0%で前期(17.5%)の倍以上を記録して首位に立った。

同じ期間、LGエレクトロニクスは前期比8%ポイント下落した35.8%、サムスン電子は7%ポイント下落した13.2%にとどまり3位に落ちた。1台当たり1500ドル以上の値段がつくプレミアムテレビ市場は、昨年同月期の時点ではサムスン電子が39.5%という圧倒的シェアで1位を記録していた。当時、LGエレクトロニクス(17.7%)とソニー(17.5%)がサムスンの後につけていたが、1年でその状況は大きく逆転した。

ソニーが躍進した背景には、大型液晶表示装置(LCD)の技術力と最近発売した有機発光ダイオード(OLED)テレビを前面に出したプレミアム戦略が挙げられる。米国消費者メディア「コンシューマー・レポート」の「推奨テレビリスト」(5つ)には、これまでサムスンとLG製品が占めていたが、先月のリストにはソニーの製品が2つ入り、は徐々に復活の兆しを示している。
http://japanese.joins.com/article/





【管理人 補足記事&コメント】
日本のテレビメーカーが、相次いで有機ELディスプレイ採用の大型テレビを発売する。ソニーは5月8日に有機EL方式パネルの4Kテレビ「BRAVIA OLED A1」シリーズを発表し、続くパナソニックも5月10日に「VIERA EZ1000」「同 EZ950」シリーズを発表した。東芝は3月に「REGZA X910」シリーズを発売済みだ。国内大手メーカーの中でシャープは「テレビでは液晶に注力する」との姿勢を示しているため、これでトップグループの有機ELテレビのラインナップが出そろったことになる。

現在、世界的に4Kテレビの需要は旺盛だ。画質が高級テレビの需要を引っ張っているといって過言ではない。ソニーのテレビ事業子会社である、ソニービジュアルプロダクツの高木一郎社長は5月8日の発表会見の中で、「ソニーのテレビ全体の6割がプレミアム(高画質)モデルになって、収益が大きく改善している。現在のテレビは放送ではなくネット配信。4Kで画質も良く、内容も良質なネット配信向けコンテンツの魅力、がプレミアムテレビを牽引している。日本もそうなっていくだろう」と見通しを語っている。

一方、韓国・LGエレクトロニクスは2015年より有機ELテレビを日本に投入しており、今年もより高性能化した「LG OLED W7P」「同 E7P」「同 C7P」シリーズを発売する。一気に製品ラインナップが増えたことで、今年は日本にとって「有機ELテレビ元年」といって良い状況になった。有機ELはテレビ向けのディスプレイ技術として「理想的な存在だ」と長年言われてきた。バックライトを必要とせず、自ら発光するデバイスであるため、黒色がほぼ完全な漆黒になる。結果、色のコントラスト比が高く、(液晶とは違い)発色もにごりづらい。また、液晶が化学特性として不得意な素早い映像の書き換えにも対応できる特徴がある。

LGディスプレイの有機ELパネルを使うことで、LGエレクトロニクスの後を追いかけているような状況にある。日本メーカーがLGの後塵を拝した背景には、技術的なもの以上に経営的な判断があった。12年から14年は、日本メーカーが最も業績で苦しんでいた時期でもある。この時期にソニーやパナソニックは、テレビ事業立て直しのため、液晶を含め、自社での大規模なディスプレイパネル生産を断念する決断を下しだわけだ。テレビ向けディスプレイパネル工場を作るには数千億円単位の巨額投資が必要で、それを継続的に回していくには、世界中から大量のパネル受注を受ける必要がある。

従って、今回登場する有機ELテレビでは、すべてのメーカーがLGディスプレイ製の有機ELパネルを採用している。サイズも55インチ・65インチ・77インチの3バリエーションで、その中からどのサイズを市場に投入するかを、各社が判断して決めている状況だ。実際に製品を見ると、画質の傾向や製品としての特徴は、各社かなり異なっている。理由は、現在のテレビの画質にとっては、パネルだけでなく「高画質化処理」が占める割合が非常に高くなっている。つまり画質ではLGに比べてソニー・パナソニック・東芝が一歩リードしているという事だ。パネル以上に高画質技術は日本企業が先行しているという事だ。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月12日 18:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp