韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領「慰安婦合意、韓国国民は受け入れられない」重ねて強調

文大統領「慰安婦合意、韓国国民は受け入れられない」重ねて強調

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、日本軍「慰安婦」被害者問題に関連する韓日12・28合意(以下12・28合意)について「韓国国民が受け入れられないのが正直な現実」と再度強調する一方、近いうちに韓日首脳会談が行われることを願うと話した。歴史問題と外交懸案は分離して対応するという新政府の韓日関係の原則を明らかにしたわけだ。

文大統領はこの日午後、日本の安倍晋三首相の特使資格で大統領府を表敬訪問した自民党の二階俊博幹事長一行と会った席でこのように明らかにし、「(12・28合意について)何よりも当事者である慰安婦(被害者)のハルモニ(おばあさん)方が受け入れずにおられる。このような点を韓日両国が直視する必要がある」と話した。この日、二階幹事長から安倍首相の親書を受け取った文大統領は「(韓日)両国がこの問題にこだわって、他の問題を遮る道に出てはならない」とし、「歴史問題は歴史問題として知恵を集めて解決し、他の問題は他の問題として発展させなければならない。安倍首相にこの言葉をぜひ伝えてほしい」と強調した。

文大統領は続けて「韓日関係をぎくしゃくさせ足を引っ張っているのが歴史問題だが、短時間に解決するとは思っていない」とし、「ただ、日本の国民が韓国の感情を推し量ることが必要であり、両国が知恵を集めて改善していけば、両国関係はさらに早く発展するだろう」と話した。




安倍首相が親書で北朝鮮の核問題に言及したことと関連して、文大統領は「北朝鮮の非核化は世界と北東アジアの平和、韓国の生存のために必ず必要だ」とし、「そのような点で韓国と日本は同じ立場であり、北朝鮮の完全核廃棄に向けてさらに強い圧迫と制裁が必要だという安倍首相の言葉に共感する」と話した。また、文大統領は「しかし、圧迫と制裁だけで終わることではないため、対話のテーブルに引き出してこそ完全な核廃棄に至ることができる」とし、「そのため一方では強力な圧迫と制裁を加えなければならないが、他方では(北朝鮮が)核を放棄するならば一緒に助けることができるというメッセージを伝える必要がある」と強調した。

文大統領はさらに、「政府間の関係も『シャトル外交』が回復される段階に向かわなければならず、民間交流も拡大されることを希望する」とし、「安倍首相と(7月に予定された)主要20カ国(G20)サミットで会えることを希望し、早期に首脳会談が行われることを望んでいる」と話した。 この日、二階幹事長は文大統領の発言に概ね「共感する」「一緒に努力しよう」と答えた。ただ、二階幹事長は12・28合意に対する文大統領の発言には特別な反応を見せなかった。二階幹事長は「韓国の発展と日本の発展に対して心ある両国の政治家が協力する必要がある」、「大統領が就任して一カ月ほどだが、このように短い期間内にお会いできたことは幸い」と話した。二階幹事長はさらに、「自民党が議会のうち過半数を占めるので、今日(文大統領と)交わした対話が実現されるよう責任を持って努力していく」と話した。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
電撃的な日韓慰安婦合意について、日本政府は「最終的かつ不可逆的な解決」と胸を張ったが、韓国サイドの反応は予想どおりで、元慰安婦や韓国挺身隊問題対策協議会だけでなく、梨花女子大などの学生や一般市民まで次々と合意に反発して立ち上がっている。日本から10億円を受け取ったにもかかわらず、合意に反発し、新大統領も弾劾をおそれているわけで、何とも不甲斐ない答えとなる。日本政府はその対応については優しすぎるわけで、韓国との外交も韓国への渡航も止めるべきだろう。

反日…韓国にとって、慰安婦問題は解決されては困る問題ではある。李明博前大統領は竹島を反日カードにしたが、朴槿恵大統領は慰安婦問題を普遍的な「女性の人権問題」として世界にアピールしてきた。朴槿恵にとって慰安婦問題は政権を維持する最大の反日カードなのに、なぜ日本との合意を急いだのか…。最大の理由は米国の圧力にある。南シナ海の人工島建設やサイバー攻撃など、「力による現状変更」の意志を隠さない中国と政情不安定の北朝鮮は東アジアの安全保障にとって大きな脅威であり、日米韓が緊密に連携する必要があるが、「米中二股外交」を展開する韓国は米国の制止を聞かず中国主導のアジアインフラ投資銀行に参加し、昨年9月、北京で開催された抗日戦争勝利70年記念行事には朴槿恵自ら出席した。

言うことを聞かない彼女に怒り心頭のオバマ大統領は昨年10月、ホワイトハウスの米韓首脳会談で日韓友好を求めて朴槿恵を叱責したとされる。会談後の会見でオバマ大統領は「(日韓の)困難な歴史問題が解決されることを望む」と厳しい表情で語っている。だがトランプもまた韓国新大統領については相手にしないだろう。国際社会に取り残される韓国はその姿はより一層色濃くなる。日本から金を受け取り、合意文書の約束を破り、違反行為でも二階幹事長はわざわざ韓国に出向く。普通は逆だろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月13日 09:39 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
羨ましいですね?
 手前勝手な捏造歴史を作って言い掛かりを付けても、聞いてもらえる国があって羨ましいですね?

 羨ましいではなくて、恥ずかしいでした。
[ 2017/06/13 11:12 ] [ 編集 ]
信頼に値しない
 韓国与党の代表が「二階幹事長は両国の約束であるだけに合意を守るべきだと主張したが、約束だから守らなければならないというのは契約法上の論理にすぎないと反論した」などとほざく様な国は信頼するに値しない、国の代表が話し合い合意したものを、自分たちの都合で約束を守らなければ今後一切だれも信用はしない。
 日本政府は今後、韓国と交渉する場合には約束不履行のペナルティーが有ることの言質を取ってから、合意に達するべきでしょう、まあそれでも韓国人は約束を守らないでしょう、アメリカとのTHHAD問題を見てもよく分かる。
 これだけは言える”韓国人を信用してはならない”
[ 2017/06/13 12:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL