韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  iPhone8はOLEDディスプレイ理由で出荷に遅延?それでも売れる

iPhone8はOLEDディスプレイ理由で出荷に遅延?それでも売れる

Appleは9月、次期iPhoneを3モデル発表すると言われています。しかし、そのうちiPhone8とされる記念モデルについては、搭載される有機EL(OLED)ディスプレイの供給が遅れたこともあり、出荷が遅延するのではないか、と一部のアナリストはみています。投資会社Piper Jaffrayの名物アナリストとしての職を辞してからも、以前と何も変わらないペースでAppleについての予測を続けているジーン・ミュンスター氏は、丸みを帯びたOLEDディスプレイが搭載されるiPhone8について、出荷の遅延が発生すると考えているようです。

OLEDに限らず、部品の生産計画が当初より遅れているのではないか、という観測は以前より出ており、中には発売が10〜11月に後ズレするという見方まで出ています。こうしたことからミュンスター氏は、2017年第3四半期(7〜9月)のiPhoneの出荷台数が3,900万台に留まるとみています。これはウォールストリートのアナリストによるコンセンサスである4,900万台や、前年同期比のiPhone7登場時の4,500万台をも下回る数字です。一見すると、強気な展望で知られるミュンスター氏らしくないと思うかも知れません。しかし同氏は、需要のうち600万台分が2017年第4四半期(10〜12月)へ、400万台分が2018年第1四半期(1〜3月)へ回るとみています。




全米で501名の人間を対象とした調査によれば、WWDC 17の時点で220名のiPhoneユーザーのうち25%が次のiPhoneを購入予定だと述べた(昨年は15%)ほか、AppleによるARKitが発表される前の時点で、iPhoneをアップグレード予定だと答えたユーザーのうち54%がAR機能に関心を持っていたことが分かっています。ただし、iPhoneを買う予定はないと答えたユーザーの間では、ARに対する関心は低く、Androidユーザーの間でARに対する関心は20%を超えたに留まりました。詳細はこちら

【管理人 補足記事&コメント】
AR(Augmented Reality:拡張現実)とは、「拡張」という言葉が指す通り、現実世界で人が感知できる情報に、「何か別の情報」を加え現実を「拡張」表現する技術やその手法をいう。視覚情報に、視覚だけでは感知できない情報を付加して表示するタイプのものが、事例としてはポピュラーで、例えばスマホやタブレットのカメラ映像に表示される現実世界の映像に対して、位置情報などのデータや、実際にはその場にないはずの映像やCGを重畳させて表示するといったものとなる。例えば星座表は、ARアプリの王道とも言えるオーソドックスな取り組みと言える。実際の星空を眺めながら、その星座の形や名前を確認できる。ARを使って現実世界を拡張し、ユーザーの利便性を高めるという良い事例と言える。

ARの世界には、GPSやデバイスの加速度センサーを利用した「ロケーションベースAR」。あらかじめ配置された「マーカー」をカメラで読み取って、意図した場所に映像や画像を重畳させる「マーカー型ビジョンベースAR」など、いくつかのタイプがある。最近では、マーカーを使わずに、現実空間に実際にある物体や造形の特徴を検知しトリガーとする「マーカーレス型AR」などの事例も増えている。視覚情報のみならず、音声情報や、嗅覚・触覚など、人間のあらゆる感覚を拡張するための研究も盛んである。また、Google社が提供する「Google Glass」など、新しいデバイスも登場しつつあり、それらにARの技術が浸透していくことで、より豊かな表現、より便利な世の中をARが実現していく日も近い。

経済・金融情報の配信、通信社・放送事業を手がけるBloombergは、Appleにあらゆる分野のスペシャリストを集めて作った、AR研究開発チームがある事を報じている。同チームは、デジタル音声圧縮技術のドルビーデジタルで知られるドルビーラボラトリーズ出身のマイク・ロックウェル氏が率いており、Apple社内外のハードウェア・ソフトウェアの各分野で活躍している、才能を持った人材が集結しているチームとなる。次期iPhone8はまた一つ新しい楽しみを加えてくれそうだ。一方、技術的な問題からARのウェアラブルデバイスのリリースはまだ先となる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月14日 13:42 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL