韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  上海の家電見本市で来場者を呆然とさせた、日本人の「ブラックテクノロジー」

上海の家電見本市で来場者を呆然とさせた、日本人の「ブラックテクノロジー」

中国では近ごろ「黒科技」、すなわち「ブラックテクノロジー」という言葉が流行っている。日本のライトノベルから生まれた言葉が中国に入ったもので、「存在しない技術」という原義から大きく派生して「驚くべきハイテク」を指すようになった。中国メディア・今日頭条は14日、先日上海で開かれた家電見本市で日本人による3つの「黒科技」が来場者を呆然とさせたと伝えている。
 
記事が「来場者を呆然とさせたブラックテクノロジー」と形容したのは、今月7-9日に上海で開かれた世界的な家電見本市CESアジアに出展した日本の自動車メーカー・ホンダによる新技術だ。記事は「かつてCESの主役は電子技術製品だったが、今やすでに自動車メーカーが技術開発の成果を発表する舞台になった。その中で、ホンダは間違いなく注目を集めたメーカーの1つとなった。毎回超絶的な発想力によるコンセプトデザインを打ち出してくるホンダは今回のCESアジアではどんな技術を持ってきたのか見てみよう」としたうえで、3つの技術を紹介している。
 
1つ目は「人の心を読み取るコンセプトカー」として、NeuVを挙げた。都市での移動に適した小型の電気自動車には「感情エンジン」と呼ばれるAI技術が搭載されており、ドライバーの表情や声から精神状態を読み取り、安全な運転をアシストすることができると紹介している。




2つ目はHonda Riding Assistによる「転倒しない自立バイク」の技術だ。出展されたバイクには、ASIMOなどのヒューマノイドロボット研究で培ったバランス制御技術を採用したシステムが搭載されており、低速運転や停車中、さらには運転中にバランスを崩した際にバイク自身が平衡を保って車体を安定させると説明した。 3つ目は椅子に座るような感覚で移動ができるパーソナルモビリティ・UNI-CUBの技術を挙げている。同社が開発したバランス制御技術により、前後だけでなく全方位の移動を世界で初めて実現したパーソナルモビリティであると伝えている。
http://news.searchina.net/id/

【管理人 補足記事&コメント】
ホンダによれば、NeuVにはソフトバンクグループ傘下のcocoro SB社が開発したAI技術「感情エンジン」なるものが搭載されている。といっても、『グランツーリスモ3』をプレイするために15年前に発売されたプレイステーション2用のマイクロプロセッサ「エモーション・エンジン」を積んだわけではない。同社がこの共同研究を発表した7月のプレスリリースによると、この技術は車両に搭載されたセンサーやカメラによってドライバーの感情を読み取り、クルマが自ら感情を持っているかのようにドライバーと対話するという。最終的にはオーナーがクルマに対して「相棒になったような感情を抱き、更なる愛着を感じるようになる」ことを目指すそうだ。

たとえ感情をもつクルマが登場しても、我々が自分自身の感情さえ良く分からないことに変わりはない。このシステムが上手く機能して、本当に愛情が生まれることを期待したい。と言うのも形を見た限りでは愛情が抱けるとは思いにくい。透明なパネルは興味深いものの、従来のクルマよりも家電からデザイン要素を多くを取り入れたような機械に魅力は感じられない。例えばPepper のシステム面での最大の特徴が「感情認識エンジン」と「グラウドAI」を搭載していることにあるが、感情認識エンジンとは、Pepper に内蔵されたカメラ機能で相手の表情を認識したり、声のトーンから人の感情を認識するシステムとなる。

通常の感情と喜怒哀楽の大きい揺れを認識して数値化して管理されるという。人が喜んだり「ありがとう」という言葉やその抑揚によってPepper は良いことを経験として蓄積していくことで、人が喜ぶこと、悲しむことは何かを理解していくという。車の場合は安全だけでなく、乗る楽しみも進化させられるかにかかっている。今後の利用価値に期待したい…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年06月15日 13:14 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL