韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  このクルマを見れば、日本の自動車市場が分かる!

このクルマを見れば、日本の自動車市場が分かる!

中国メディア・今日頭条は15日「この新車がわかれば、日本の自動車市場がわかる」とし、先日フルモデルチェンジをしたダイハツの軽自動車・ミライ―スについて紹介する記事を掲載した。
 
記事によれば、中国のネット上では日本の自動車市場に対する理解が非常に乏しいという。記事は「中古の値段が安いだの、軽自動車がかわいいだのというが、これらには実際様々な社会的原因があるのだ」と説明。このほど発売されたミライースには、日本国内の自動車市場を代表する要素が多く含まれているとし、その特徴について紹介した。
 
まず、外観については「一目見ると、ほかの軽自動車と大きな違いがないことがわかる。これこそ日本の特質なのだ。寸法上の制限が外観の顕著な同質化をもたらし、しばしば日本の自動車愛好者ですら、どのメーカーの自動車から分からなくなることさえある。そして、外観の同質化は軽自動車のみならず日本の自動車全体の問題になっているのである」と説明した。




さらに、日本の軽自動車などでは、寒冷地を除いて四駆ではなく前輪駆動が採用されていること、ミライースには「スマートアシストIII」という安全システムが採用されていることを紹介。自動ブレーキやオートライト、車線逸脱警告、誤発信抑制といったシステムは廉価な自動車とっては「盛りすぎ」の装備に思えるが、「それが日本の自動車社会における鉄板のニーズなのである。この点は確かに羨ましい」と解説している。
 
記事は「発売1カ月で目標を上回る注文を獲得したミライースは1つの例に過ぎない。同じ特徴は日本の他の自動車でも見られるのだ。最も特筆すべきは安全システムだ。流行りのインターネット化の流れが、さらに安全システム配備の促進につながることを期待したい」と結んでいる。
http://news.searchina.net/id/

【管理人 補足記事&コメント】
妻のために購入したスズキのハスラーを、病院に行くときに運転するわけですが、白線のはみだしやら、前の車が発進し、止まったままでいると、走れと言わんばかりに警告音が鳴る。自動ブレーキやオートライトはもちろんの事、その装備には驚かされる。しかもハイブリッドでフルタイム4輪駆動となる。あとは自動運転してくれれば言うことは無い。車で技術的に革新的に進歩していないのが、エアコンのファンの音である。あるいはワイパーとなる。車がいくら静かになったとはいえ、エアコンのファン音はうるさい。そういう意味ではエアコンとワイパーと言うのは難しいとは言え、革新的にする要素はあるわけで、家庭用のエアコンも同様となる。

車もまだまだ進化しないとならないパーツユニットは多いのではないか。パンクしにくいタイヤもどきが装着されているが、いざとなるとやたら面倒である。ミラー位置も、運転する人にあったように自動でアジャストしてくれないわけで、人工知能やらセンサーやらが進化しても、いまだ自分で調整するのも面倒である。まして運転座席位置の調整はくらいは、自動調整してほしいものである。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年06月16日 11:39 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
まぁ、自動運転もよいですが..
 乗せられているばかりではつ
まらんとも思うワケです。

 どうなるんでしょうなぁ~、
技術的に完璧な自動運転が可能
になっても、 運転したい時は運
転させてくれるんでしょうか?

 スバルのWRXには、 STIとS4っつ
うグレードが有って、片やアイサイトに
よるラクチン仕様、此方マニュアル・ミッション
をガチャガチャやれるスパルタン仕様、
同じシャシー&ボディで、それらが作
り分けも可能と言うこと、 ニーズ
がある限りは、スパルタンなマニュアル運
転車も残るのか? ワンタッチで切り
替え出来るようにする? 尤も、
マニュアル運転つったって、AIの掌の
上で遊ばせて貰うだけでしょう
が、 何だかつまんねぇの!

 その他、日産リーフの次期型は、
EVで 500km走行の大台に乗せて
くるみたいですし、 製紙業界と
いうとんでもない業界が、 セルロー
ス・ナノファイバーという素材でもって
自動車や建材に参入して来そう
ですね、 何でも上手にやれば、
車重が2割がた軽くなるんだと
か。 それから、 水素の大量貯蔵
や大量輸送にも目処が立って来
たと聞きます。

 この先10年位で、 車も大胆に
様変わりして行くのでしょうか


[ 2017/06/16 13:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL