韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン、新Galaxyで起死回生は可能?

サムスン、新Galaxyで起死回生は可能?

世界最大手のスマホメーカーであるサムスンは、日本でも大手キャリアから「Galaxy」シリーズのスマホを定期的に投入していることで知られる。だが、昨年海外で販売された「Note7」が相次いで発火事故を起こしたことで消費者の信頼を大きく落とし、スマホ事業そのものを揺るがす事態を招いた。そのサムスンが、大きく損ねたイメージを回復するべく、新たに投入したのが「S8」と「S8+」である。これらは、昨年日本で発売された「Galaxy S7 edge」の後継に当たるフラッグシップモデルであり、今年3月にアメリカ・ニューヨークで発表されたもの。日本では、NTTドコモとauから発売される。

サムスンは例年、2月にスペインで実施される携帯電話の見本市イベント「Mobile World Congress」に合わせてフラッグシップモデルを発表しているが、両機種はあえて発表を1カ月遅らせている。そうした点からも、サムスンが「Note7」の事故の影響を受け、念を入れて準備を進めてきた様子がうかがえる。では、「S8」と「S8+」は、どのような機能や性能を備えたモデルとなっているのだろうか。両機種の最大の特徴として打ち出されているのは、ディスプレイである。サムスンはグループ内で小型の有機ELディスプレイを手掛けていることを強みとしており、これまでもスマホに有機ELを積極的に採用。さらに、有機ELの「曲げられる」という特性を生かし、側面が湾曲したエッジディスプレイを大きな特徴として打ち出してきた。




ディスプレイに大きな変化があった「S8」「S8+」だが、一方であまり変わっていないのがカメラである。特に、背面のメインカメラはデュアルピクセルセンサーを採用した1200万画素と、ハード部分だけを見れば「S7 edge」とほぼ変わっていない。変更点は、シャッターを押したときに3枚の写真を連続撮影してブレの少ない写真を合成するマルチフレーム技術など、ソフトウェア面の変化のみにとどまっている。

「S7 edge」もカメラ性能には定評があったことから、「S8」「S8+」のカメラも高い水準の撮影ができることは確かであろう。だが、最近では、2つのカメラを搭載してボケ味のある写真を撮影しやすくするなど、カメラ機能に一層の工夫を凝らした機種が増えているだけに、カメラにももう少し工夫がほしかったところではある。
http://biz-journal.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
一方で、年内の発売が期待される新型iPhoneは、これまでで最も高額な端末になると予想されている。ゴールドマン・サックスやNikkei Asian Review、ファストカンパニー等の有力メディアや、KGI証券のアナリストのミンチー・クオらは相次いでiPhone 8の価格が最低で1000ドルになると述べている。アップルにタッチモジュールの供給を行う台湾のTPKホールディングスは、新型iPhoneの3Dタッチセンサー関連の見積もりを提出し、アップルはこれを了承した。費用は従来の一端末あたり7〜9ドルが、18〜22ドルに跳ね上がることになるという。

費用の高騰の理由はOLEDパネルの採用だ。「3DタッチセンサーをOLEDパネルに組み込む場合、繊細なパネルを保護するために前面と背面の双方をガラスで覆う必要があり、これがコスト上昇を招く」という。コスト高の要因は既に様々な面から指摘されている。ゴールドマン・サックスによるとOLEDパネル自体が35ドルの価格上昇につながり、さらに3Dセンシング技術の採用が20ドル、メモリのアップグレードが従来の端末から16〜29ドルのコスト高につながるという。3Dタッチモジュールの投入により合計で100ドルのコストが上乗せされることになるが、これは氷山の一角としている。新端末には待望のワイヤレス充電や急速充電機能の搭載も期待されている。

iPhone8もGalaxy8も高級品扱いで高額勝負となる。日本はIOSが50%を占める国であるから、サムスンの入り込む隙間はない。IOS11とペアで考えれば、iPhoneのほうが魅力的だろう。先行で販売されたiPad ProのCPU性能はグラフィックとともに恐ろしいスペックとなり、画面サイズも20%広くなり、性能的には申し分がない。同様のチップがiPhone8に搭載されるわけで、日本のiPhoneファンにとっては待ち遠しいのではないか…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月16日 13:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL