韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  中国に歩み寄るドイツ

中国に歩み寄るドイツ

中国の李克強首相は2014年10月、ベルリンでドイツのメルケル首相と会談した際、中国の古代の発明品である「魯班鎖」と呼ばれる組み立てパズルを贈った。これは春秋戦国時代の発明家、魯班が「八卦」の原理を応用して作ったもので、魯班は「中国のエジソン」と呼ばれる。李首相はその席で、「両国が共同で革新に取り組めば、解決できない難題はない」と語った。

中国はドイツの技術を欲している。特に製造業のアップグレードに向けて推進中の国家戦略「中国製造2025」を成功させるには、ドイツの先端技術が必要だ。改革開放初期には日本の技術的支援を受けたが、現在の中日関係は領土や歴史の問題をめぐってぎくしゃくしている。ドイツは中国市場を必要としている。これまで最大市場であった米国は貿易障壁を高めている。中国は昨年、米国を抜き、ドイツにとって最大の貿易相手国となった。中国メディアは今年に入り経済協力を強化する中独関係を「天作之合(天による組み合わせ)」だと形容した。

第2次世界大戦当時だった両国を同じ船に乗せたのは米国だ。トランプ米大統領は先月、欧州連合(EU)指導部と会い、ドイツの対米貿易黒字を批判し、「ドイツ人はとても悪い」などと不満を並べた。トランプ大統領は中国の対米貿易黒字に対してもいつでも報復できる態勢だ。




メルケル首相はトランプ大統領の発言直後、「ドイツが他国に全面的に依存する時代は終わった。欧州人の運命は自分たちの手を切り開かなければならない」と述べた。第2次世界大戦以降、米国が主導してきた欧州の秩序から独立を表明する「爆弾宣言」と言える。それに続き、今月初めにはベルリンで李克強首相と再び会い、「中独協力」を強調した。中国との関係を強化する「東進政策」を加速するとの立場だ。習近平時代の中国が提唱する陸と海のシルクロード「一帯一路」構想は「西進政策」だ。アジア復帰を掲げ、東洋を圧迫する米国を避けようとする戦略と言える。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
自動車産業でいえば、アメリカは GM と Ford が両社で昨年560万台を自国で販売しているわけで、日本は600万台を超える。VWやBMWは両社で65万台に及ばない。一方中国では、民族系を除けば独系だけで昨年で450万台を超える。好調日系でも380万台に届かない。唯一中国はお得意様を維持しているわけで、中国に寄り添うというよりは、今後も今の立ち位置を維持しないと難しい。日本が中国でさらに好調になればドイツシェアを食う事になる。中国車のエンジンは日本製であるから、ドイツの入り込む隙は僅かで拡大するのは難しい。

自動車産業は様々な産業に市況を与えるわけで、経済外交としてドイツは中国と良い連携を保ちたいだろう。朝鮮日報は、自国とドイツをすぐ比較したがるが、ドイツが中国に歩み寄る意味合いが違う。中国に歩み寄るドイツなどと語るより、韓国車が中国から追いだされないようにすることである。中国工場を稼働しても売れないのでは、困りごとだが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月18日 09:29 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
何だかんだ言っても..
 13億人の人口は、潜在的ポテンシ
ャル、 ハンパないですからねぇ~。

 支那があんな国じゃなければ
..。 常にカントリーリスクがつきまとっ
てるようで..

 疑心暗鬼な面も多分にあるん
カモしれないっすが、 おっかない
ですよ、 党の、 つうか習近平の
命令一下、 何でもやっちまうん
ですからな、 また、 命令通り動
いた後ね経済や世相への影響も
あるし。

 何と言っても、 支那は覇権的
な意図を隠しもしてないワケで、
一帯一路もAIIBもRCEPも、 純粋
なる経済活動には見えなくて、
覇権的意図と二人三脚なように
ワテクシには見えてしまいます。

 現在でも、 少数民族や周辺の
小国、 同じ漢民族でも地方によ
っては痛めつけられてるワケで。
諸手を上げて協力っつうワケには
行きませんわな。

 願わくば、 支那が10~20の小
国に分裂、 少数民族なんかは当
然、 自らの国を持った上で、 そ
れこそ自分と国家の為に懸命に
努力するようなら、 潜在力も、
もっと上がるような気がいたし
ます。 ウイグルはウイグル、 チベットはチ
ベット、 内モンゴルは内モンゴル、 てな
具合で、 各々が自国発展の為に
努力すれば..。 勿論、 民主化が
前提になりますが。
[ 2017/06/18 15:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL