韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国人にソッポを向かれた韓国化粧品業界が、日本に目を向け始めている

中国人にソッポを向かれた韓国化粧品業界が、日本に目を向け始めている

高高度防衛ミサイルシステム(THAAD)問題により中国との関係が悪化し、観光業をはじめとするさまざまな業界で中国からソッポを向かれた韓国。政権交代により回復が期待されるが、化粧品業界では待ちきれず日本市場へ「転戦」する動きが出ているようだ。中国メディア・海外網が16日報じた。

記事は「ブランドを成功させたいなら中国市場に行け、が韓国化粧品業界の共通認識となっていたが、THAADの影響により昨年は業界の株価が下落した。今年に入って回復の様相を呈しているが、依然としてさまざまな圧力に直面している。多くの企業は『中国の消費者の心が戻るのを待つよりも、別の場所を開拓しよう』という考えでおり、日本市場への転戦を始めている」と伝えた。

そして、韓国メディア・亜洲経済の報道として、韓国三大化粧品会社の1つであるハンブル化粧品が昨年から日本に続々と直営店を開設するとともに、日本国内の400店舗あまりに商品を提供、同社にとって日本が最大の海外市場になったと紹介。また、チョソンア22、16ブランドといったブランドも日本市場参入戦略を展開しているほか、日本のテレビショッピング番組でも韓国の中小化粧品ブランドの姿を見ることができると伝えた。





記事は、昨年末現在で日本のパック市場が5000億ウォン(約491億円)規模であり、年平均15%の速度で拡大しているとしたうえで、業界関係者が「近ごろ、多くの韓国化粧品企業は中国だけに依存していてはダメという危機意識を持つようになった。日本の化粧品市場規模は世界3位で、しかも成長を続けている。それゆえ多くの韓国企業が日本に参入しているのだ」と語ったとしている。

パック製品をはじめとする日本の化粧品市場が拡大を続けているとはいえ、潜在的な市場規模は膨大な人口を有する中国の方がはるかに大きいはず。日本に進出しつつも「早く中国市場に戻りたい」というのが韓国化粧品業界の本音かもしれない。
http://news.searchina.net/id/

【管理人 補足記事&コメント】
美容用品売上高のグローバルランキングは、日米欧の化粧品メーカーや家庭用品メーカー、ファッション企業がトップテンを占めている。世界第1位のロレアルは、女性で知らない人はいないだろう。美容室向けのヘアケア用品メーカーとして1909年に創業、現在では約140カ国に進出している。“ファッション王国”たるフランスを代表する化粧品メーカーだ。世界屈指の高級化粧品ブランド「ランコム」を擁し、「イヴ・サンローラン」や日本発のメイクアップアーティストブランド「シュウ・ウエムラ」もM&A(企業合併・買収)によって取得している。 一方、第11位のアモーレパシフィックは韓国最大の化粧品メーカーで、中国事業を成長の原動力にしている。

第2位は、欧州の代表的な家庭用品メーカーであるユニリーバだ。英国のリーバ・ブラザースとオランダのマーガリン・ユニが1930年に経営統合して誕生。ヘアケア用品の「ダヴ」「モッズ・ヘア」、男性用化粧品の「アックス」などのブランドは、日本でも浸透している。ちなみに、紅茶の「リプトン」、洗剤の「ジフ」も同社のブランドである。 第3位は米国の家庭用品メーカーであるプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)である。創業は1837年。マーケティングは世界トップクラスと言われ、日本でもすっかりお馴染みだ。化粧品の「マックスファクター」「SK-Ⅱ」、ヘアケア用品の「ヴィダルサスーン」「パンテーン」など著名なブランドを展開している。ただし、同社の美容用品事業は2016年10月1日付けで米国のコティに売却しており、今後はコティが世界3位の企業となる。

中国で急速に広がりを見せる中間層は、資生堂のEコマース事業を下支えしている。中国国家統計局の調べでは、中国の都市部の1人あたりの可処分所得は15年までの5年間で1.5倍に増え、約3万2000元(約52万円)に達した。消費のプレミアム化が進み、特に若い世代を中心に価格の高い化粧品に人気が集まっている。一方、韓国コスメ大手のアモーレパシフィックは昨年12月、東京・原宿にエチュードハウスの店舗をオープンし、華やかな表現を好む日本の消費者向けにラベンダーカラークッション製品を披露するなど「日本に合わせた」製品を売り出し、昨年1年間の日本での売り上げは前年に比べて34%増加している。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月18日 10:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp