韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  最先端レーダー搭載した米イージス艦、日本で商船と衝突

最先端レーダー搭載した米イージス艦、日本で商船と衝突

最先端レーダーを搭載した米海軍のイージス艦が、日本で商船と衝突し米海軍兵士7人が亡くなり、艦長を含む3人が負傷する事故が起きた。先端防御能力を備えた駆逐艦だが、商船との衝突は回避できなかった。

米海軍第7艦隊所属のイージス駆逐艦、フィッツジェラルド号(8,315トン)が17日、静岡県伊豆半島近隣の海上でフィリピン船籍のコンテナ船ACX CRYSTAL号(29,060トン)と衝突して、右わき腹が大きくつぶれた。米軍はフィッツジェラルド号が18日、神奈川県横須賀基地に帰還した後に衝突で浸水した乗務補助員寝室と機械室から水を抜いて捜索した結果、乗務補助員寝室で遺体数体を発見したと発表した。日本のNHKと米国のCNN放送は、米海軍乗務補助員と見られる遺体7体を発見したと報道したが、米第7艦隊は遺体の数を明らかにしなかった。コンテナ船に乗っていたフィリピン人船員20人には負傷者はいなかった。

日本の海上保安庁によれば、17日午前1時30分頃、コンテナ船の左側船首部分とフィッツジェラルド艦の右わき腹部分が衝突した。コンテナ船は日本の海運会社である日本郵船が運営する船で、この日名古屋港を出航し東京港に向かう途中だった。フィッツジェラルド艦は、横須賀基地から南方に向かう途中だったという情報だけが公開された。事故が起きた時刻は、港湾で荷物を下ろすために貨物船が特に混雑する時間帯であり、伊豆半島海域は東京港へ向かう通り道であるため一日に400船以上が通る。




イージス艦は目標物の探索から破壊までの全過程を一つのシステムに統合した最新装備を備えた艦船で、フィッツジェラルド艦は数百個の目標物を同時に探知し、同時に10個以上の目標物に対応できるSPY-1レーダーを搭載している。だが、イージス艦の最先端レーダーは、ミサイルのような空の目標物対応用であり、船舶探知レーダーは一般船舶と大差ないと読売新聞は伝えた。平時運航中のイージス艦では、中央にある艦橋で当直軍人が船舶探知レーダーを見て、肉眼で左右を見ながら航海する。ただし、一般船舶水準の施設でも他の船舶の位置を確認できるにもかかわらず、衝突した理由は明確でない。
http://japan.hani.co.kr/arti/

【管理人 補足記事&コメント】
静岡県・伊豆半島沖で17日、フィリピン船籍のコンテナ船と米海軍のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」が衝突した事故で、2隻の損傷状況から、コンテナ船がイージス艦の右後方から衝突した可能性が高いと読売新聞は伝えている。海上保安庁や運輸安全委員会は、事故直前の2隻の航行状況などについて調べているが、捜査関係者によるとコンテナ船は船首の左側に、イージス艦は船体右側の中央付近に、それぞれ衝突による損傷が確認されたという。こうした状況から、事故直前、2隻はほぼ同じ方向に航行し、コンテナ船がイージス艦の右後方から衝突した可能性が高いという。

海上衝突予防法では、コンテナ船が後方からイージス艦を追い抜こうとしていた場合は、コンテナ船側に回避義務があるとされる。これに対し、コンテナ船がイージス艦から見て右側から前方を横切ろうとしていれば、イージス艦側に回避義務がある。同庁と運輸安全委員会は、2隻の損傷の状況をさらに詳しく調べるほか、コンテナ船の船員らから事情を聞くなどし、衝突に至るまでの2隻の航行状況について調べを進めているというが、最先端技術を駆使したイージス艦がコンテナ船と衝突するというのはしっくりこない。挙句にイージス艦の破損状態や、7名もの死者が出ていることも…。イージス艦とは言え盲点がある事を露呈した形となった。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月19日 09:43 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
戦闘用と航行用のレーダーは別物
 いくら、最先端の戦闘用レーダー
を備えていても、航行用のレーダー
とは全く別物ですから関係ない
んだと思います。

 今回の場合は、 貨物船の方が
後方から駆逐艦に衝突したよう
ですが、 大型船舶は急制動は無
理なんじゃないですかね?

 制動する為にはプロペラを反転
させるんですが、 貨物船などの
場合、 エンジンとプロペラは直結で、
ギヤボックス等は介していないのが
普通です。 ギヤボックスなんか介す
とエネルギーを余計に喰いますし、
ギヤボックスを付ける分、 船の価格
も高くなるからです。

 プロペラが可変ピッチ式ならば、
羽の角度を逆にすれば、 逆回転
しなくても制動できますが、 そ
んな贅沢なプロペラは、 貨物船な
んかだと使わないのカモ知れませ
ん、 値段も高いだろうし、 メカが
複雑になる分、 故障のリスクやら、
メンテやら、何かと物入りですし。

 んじゃあ、 貨物船なんかだと
どうやってプロペラを反転させる
の? 答えはエンジン自体を反転さ
せるようです。

 大型船舶のエンジンは、多くの場
合ユニフロー・ディーゼル
( Uniflow scavenging
 Diesel engine )
つうのを使うようです、 簡単に
言うと、2サイクルのディーゼル・エンジン
の巨大なヤツです、 C重油で動き
ます。

 バイク等で御存知の方も居られ
ると思いますが、 2サイクル・エンジン
て、 逆回転できるんすよね。

 しか~し、 巨大なエンジンです、
機関を止めて逆回転で再作動さ
せるとなると、 色々な 「儀式」
が必要なんじゃないかと思いま
す、 だから咄嗟には間に合わな
かったのでは?

 素人考えでヤンすが。

 駆逐艦の被害が大きかったの
も、 現代の軍艦は、 装甲を頑丈
作るっつう考え方じゃあないよ
うです。 現代の武器は強力です
から当たったらアウト、なんで迎撃
ミサイルとか速射砲、 CIWSとか言い
ましたかね、全自動のカドリング機
関砲(バルカン砲)で迎え撃つ、だか
ら船体はむしろ軽くして機動性
を高くしているようです。

 頑丈な貨物船にぶつかったら
弱いんじゃないっすかね?
[ 2017/06/19 23:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL