韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国造船業界、受注確保でもドック閉鎖相次ぐ

韓国造船業界、受注確保でもドック閉鎖相次ぐ

過去2年間に深刻な受注減少を経験した韓国造船業界は、受注残がなくなり、造船所で建造する船舶がない状態が本格化している。ドックの閉鎖が相次ぎ、今年四半期には6000人以上が遊休状態となりそうだ。上半期には黒字転換、新規受注の朗報が相次いでいるが、受注が生産現場に反映されるには設計、調達など1-2年間のタイムラグがあるためだ。

造船業界によると、現代重工業、サムスン重工業は下半期には最大で5カ所のドックの稼働を中断する見通しだ。造船所や港に立地するドックは船舶の建造や修理を手掛けている。

現代重工業は昨年6月以降、既にドック2カ所の操業を中断しており、今年下半期には群山造船所(7月1日稼働中断)を含め、ドック2-3カ所の稼働を中断するとみられる。現代重工業が受注不足でドックの稼働を中断するのは1972年の創業以来初だった。今年末には全11カ所のうち5カ所で建造する船舶がなくなる可能性がある。このため、ドックの全従業員約1万6000人のうち約5000人が下半期から遊休状態になる可能性がある。現代重工業はひとまず賃金削減に向け、労組と交渉を進めている。




サムスン重工業はドック8カ所のうち、今年下半期に1-2カ所を閉鎖する見通しだ。サムスン重工業では従業員約1万2000人のうち1000人以上が遊休状態となる。業界関係者は「受ける仕事がない下請け業者の連鎖倒産に対する懸念が広がっている。今後1年程度がヤマになりそうだ」と話した。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
昨年、現代(ヒョンデ)重工業とサムスン重工業、大宇造船海洋など韓国の「造船ビッグ3」が受注リスク管理を大幅に強化した。グローバル造船業はいずれも苦しい状況だが、無理な低価格受注で仕事を獲得するよりも受注の質をもっと几帳面に問い詰めて、お金になりそうな契約だけを獲得するという戦略を実施する。 大々的な実績悪化が2010年代の初中盤の無理な低価格の受注によったものという反省が作用したという事の様だ。 実益のない受注を自制することによって国内造船ビッグ3の受注目標もより現実的に下方設定した。2015年191億ドルの受注目標を前面に出していた現代重工業の造船海洋プラント部門〔現代三湖(サムホ)重工業含む〕の昨年の目標は167億ドルだった。

サムスン重工業の受注目標は125億ドルで2015年より25億ドルも低くした。大宇造船海洋は最初から今年の受注目標を明らかにしていない。 業界では100億ドル程度を目標にするとみている。造船3社がいっせいに受注リスク管理に入ったのは、それなりにこれらの会社がいずれも受注残高が2年分ほど積み重なっているおかげだ。市場状況が良くない間は既存の確保物量で持ちこたえながら中国と日本の競争会社が淘汰されるのを待つ戦略だったが、今年にはすでに受注残高が底を打っているわけで、ドック閉鎖が続いており、関連中小企業は倒産状態である。

船舶は起工から進水までの期間、造船所の船台やドックで船体の組立を行うが、保有する船台やドックの数により同時に建造できる船舶の隻数は制約を受ける。造船会社は、船台やドックが効率的に稼働するよう生産計画を立て、客先が指定する契約納期どおりに船舶の引渡しが可能かを勘案し、受注の意思決定を行う。設備を新設・更新する際には、多額の設備投資資金や減価償却費負担が必要となり、保有する既存設備においても、受注環境の悪化等によって、生産能力が過剰となる状況が長期化することが予想される場合には、設備の廃却や減損を検討しなければならなくなる等、その影響は大きいものとなる。韓国の様にドック閉鎖で、設計から製造に仕事が下りた時に、設備の補強や人員投入などで、品質低下となる可能性もある…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月19日 10:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL