韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本で商売の極意を見た・・・店舗は広ければ良いというものじゃない

日本で商売の極意を見た・・・店舗は広ければ良いというものじゃない

中国メディアの今日頭条は17日、「3平米しかない店舗で、年3億円の売り上げ」をあげる店が日本にあることを紹介し、研鑽を続けることの重要さを体現した店であると驚きを伝えている。記事は、東京吉祥寺にある和菓子屋の事例として、半世紀にわたって羊羹を綴り続けてきた日本人店主を紹介。お店は広さとしては「3平米と狭く、小さいながらも毎日多くのお客さんでにぎわっている」と紹介する一方、それでも「決して経営を拡大しない」ことを伝えた。
 
なぜなら、このお店の羊羹は「毎日150本限定」であることを紹介し、多くの消費者が「幻の羊羹を求めて朝の4ー5時から行列を作る」ことを紹介。価格は、「羊羹1本580円である」とし、「価格は決して安くはないが、非常に人気がある」ことを羊羹やお店の様子を写した写真と共に紹介した。つまり、店舗拡大をしないのは良い品を消費者に提供することを最優先としているためであり、消費者に良い品を提供できているからこそ、3平米という小さな店舗でも大きな売り上げを確保できるのだと紹介した。




中国にももちろん非常に多くの小売店がある。また、非常に狭い空間で営業しているお店も存在する。だが、経営が長続きするお店は少ない。安易に商売を始め、すぐに店じまいしてしまう。50年にわたって営業し、年3億円も売り上げているお店が日本にあることは、中国からすればなかなか信じられないことかもしれないが、そこには商売の極意があると言えるだろう。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
ティファニーを凌いだアップルストア。吉祥寺「小ざさ」は、1平方メートルあたり、アップルストアの実に20倍ほど売り上げている。吉祥寺「小ざさ」こそが、世界最強のビジネスともいえるい。ところが、「幻の羊羹」は、1本600円ほどでしかなく、1日限定150本である。1日に羊羹の売上は9万円程度、月に270万円、年間でも3200万円ほどでしかない。3億円には到底至らない。年商の1割程度でしかない。吉祥寺「小ざさ」の商品は、幻の「羊羹」と「もなか」の2品しかない。だとすれば、簡単な引き算で、「もなか」が売上の9割を占めていることになる。実に、「もなか」で年商2億7000万円以上となる。

いち早くネット販売も取り入れて、1坪という物理的な制限を突破しているし、店舗自体は1坪と小さいながらも、別な場所で、製造工場が存在している。1坪で年間3億円売り上げ、40年間行列が途絶えない「小ざさ」のビジネスの秘密は、決して、そのビジネスモデルにあるわけではない。その「羊羹」と「もなか」の圧倒的な旨さに秘密があるという。40年以上途絶えたことのない行列に並ぶとき、そして、幻の羊羹を口にしたとき、マーケティングの本質を理解することになるのだろう…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月19日 11:17 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
今の支那人に出来ますかね?
 尤も、 昔の支那人ならやって
いたのかも知れませんね、 共産
革命で、 何もかも否定されたん
じゃないかな?

 本来、 支那人は利に聡いと思
うんだけれど、 伝統とか継承と
いったものを共産主義で破壊さ
れてしまった? そんな気もい
たします。

 嫌ですよね、 フライドチキン屋だら
けの国とか。 あれなんか見てる
と、 ワテクシいつも、 太宰の 「蜘蛛
の糸」 を思い出しちゃうんです
けどね。 亡者の性みたいな。

 フーガ飯店の豚マン とか
 Nanashi2亭の鰻丼 とか
 大山堂の自慢焼 とか
 ウスラー商店の駄菓子 とか

 やっぱ、 バリエーションは色々あっ
た方が好くないっすか?

──────────────
※土用丑の日になると
 現れる怪しい
   うなぎ屋
  ________    
 _| 名 代 う な ぎ |_  
./\\_\_\_\_\_\_\ 
//┏\\_\_\_\_\_\_\
|γ三ヽリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ
|{ニうニ}∥ζζζ /支\ ∥
|{ニなニ}∥######(` ハ´) ∥
|{ニぎニ}∥∥从∥(つ=ロロロ= ∥
|ヽ三ノ∥| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ∥
| ┗┛ ∥| 美味いアルよ | ∥
从从  ∥| 買うヨロシ! | ∥
"^゛^"^゛^"^゛^"^゛^"^゛^"^゛^"^

^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~
~^~γ ⌒ヽウナ公^γ ⌒ヽウナ公
~∈(^◎^)∋∈(^◎^)∋^
(ヽ__ノ ノ ~^(ヽ__ノ ノ^~^~^~
^~^~^~^~^γ ⌒ヽウナ公~^~^~^
~^~^~^~∈(^◎^)∋~^~^~^~
^~^~^~(ヽ__ノ ノ^~^~^~^~^~^~
~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^
[ 2017/06/19 21:31 ] [ 編集 ]
あれは商品引渡し所
吉祥寺の「小ざさ」ですね。3平米しかない店舗というのは、店舗というより
商品引渡し所であって、整理券と商品を交換する場所という風情です。

これに近いスタイルは京都の出町の「ふたば」。ここは間口は広いですが、
千円札を握り締めた客が自分の番になれば即座に欲しい商品を言って、
(デフォルトは豆餅)品と代金を交換して、すぐに立ち去る。
店頭でじっくり品選びをしている客はいませんでした。

客を並ばせて、途切れなく売って仕込み分を売りつくす。
客も心得たもので、やはり日本人は空気を読む。最高の商売です。
[ 2017/06/19 22:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL