韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国造船業界、上半期は1隻当たり3億円の赤字受注

韓国造船業界、上半期は1隻当たり3億円の赤字受注

今年上半期に韓国の造船所が受注した船舶が1隻当たり32億ウォン(約3億1400万円)の赤字受注だったことが分かった。KB証券は19日、今年上半期に韓国造船業界が受注した船舶は、受注価格の低さ、為替要因、厚板値上がりなどの影響で、人件費や販売管理費をい10-15%カットしても営業赤字は避けられないとの分析を示した。

同社のリポートによると、新規受注する船舶価格は海運景気の改善などで最近は反発しているという。しかし、韓国造船業界の主力である超大型コンテナ船(VLCC)と液化天然ガス(LNG)タンカーの価格は昨年末に比べそれぞれ4%、6%下落した。これにウォン高進行でウォン建てでの受注価格が昨年を10%程度下回っている。一方、船舶の建造コストの約23%を占める厚板の価格は2015年末の1トン当たり40万ウォンから最近は58万ウォンまで上昇した。

リポートは「韓国造船業は労働力のリストラなどコスト削減に向け努力しているが、船舶価格の値下がり、ウォン高、原材料上昇などはコスト削減だけでは克服が難しい。収益性はさらに悪化する可能性も否定できない」と述べた。





これについて、業界関係者は「昨年よりも収益性が悪化したという点に同意するが、受注船舶ごとに契約額が異なるにもかかわらず、一括して赤字が出ると分析することには無理があるのではないか」と反論した。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
2017年1月19日、韓国・聯合ニュースによると、厳しい受注減に苦しめられた韓国国内造船業界の景気が底を打ち、少しずつ上向く傾向を見せていると報じていた。造船業界が不況を脱したとは言えないが、今のように受注が入ってくると今年の下半期以降、ある程度の再跳躍につながるという期待感が広がっており、現代重工業の姜煥亀社長も「造船海洋の新年の社会」で、「昨年、造船景気は底だった。上がるしかないと少し期待をしている」とし、「今年は昨年よりも良くなるだろう」と展望している。

実際、現代重工業とサムスン重工業は18日、海洋プラント設備の一種であるFSRU(浮体式貯蔵再ガス化設備)受注を発表した。FSRUは海上で天然ガスを気化した後、陸上で直接供給できる船舶形態の設備だ。受注金額は1隻あたり約2億3000万ドル(約264億円)であることが分かった。また、現代重工業は昨年12月にはイランから7億ドル(約803億円)規模の船舶10隻の受注に成功しており、サムスン重工業も今月初めに、1年6カ月ぶりに12億7000万ドル(約1457億円)規模の海洋プラントを受注している。

だが為替の影響をまともに受ける造船業は1ドル1125ウォンが損益分岐点となる。現在は1ドル1138ウォンであるから、多少余裕はあるが、現状は価格競争でより厳しくなっているのも事実。受注増加は価格提示で有利だったと予想すれば、赤字覚悟の無理な受注となる。従って日本も厳しいのだが、中堅企業は内需に徹底しつつ、大型船は対応不可の場合は韓国に回していたわけで、日本とて統合と整備中であるが、整備できても難しいことに変わりはない。韓国の場合は、無理な受注は赤字となるだけで、為替相場を見れば予想がつく。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月20日 10:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp