韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  国家公務員の好待遇ぶり 前川前次官に年収2000万超、退職金数千万円

国家公務員の好待遇ぶり 前川前次官に年収2000万超、退職金数千万円

いわゆる「加計学園」問題に絡み、文部科学省の前川喜平前次官に、8000万円近い退職金(5610万円説もある)が支払われていたことが報じられた。『あきれた公務員の貴族生活』(ベスト新書)の著作もあるジャーナリストの若林亜紀氏が、前川氏の経歴をたどりながら、霞が関の高級官僚の年収と生活、出世のコツなどを分析する。

前川氏は、麻布中学・高校から東大法学部を経て、1979年に文部省に入省した。入省当時の官僚の給料は安い。人事院によると、国家公務員大卒キャリアの初任給は当時9万7500円だった。今年度は手当てを含め21万円8216円という。30代半ばまでは金融や商社の方が高い。官舎の家賃が月1万円程度なので暮らしていけるが、若いうちは横浜など郊外が多い。出世コースに前川氏が乗ったのは、入省直後、実妹が中曽根康弘元首相の長男、弘文元外相と結婚したからに違いない。

前川氏は31歳の若さで宮城県教育委員会の課長に出向する。宮城県人事委員会によれば県庁には課長が903人いて、平均48歳、平均月給は50万円前後という。その後、外務省にも出向し、34歳でパリの日本大使館勤務(一等書記官)となる。




特筆すべきは、外交官の待遇だ。基本給以外に、現地海外手当てが出る。パリならば、基本給が月46万円程度、在勤手当が月54万円、住居手当が25万円、奥様手当が11万円、子女教育手当が1人7万2000円まで。まるで貴族のような暮らしができる。帰国した前川氏は94年、39歳で、中曽根元首相の懐刀である与謝野馨文相の秘書官に抜擢される。年収は約1000万円。この年代の官僚は、新宿・大久保や渋谷など都心にある官舎に住む。民間なら家賃月50万円以上の立地のマンションに3万円弱で住める。駐車場料金は月956円だ。

以後、前川氏は教育財政局財務企画室長、初等中等教育局財務課長などを歴任していく。本省課長のモデル年収は1219万円。そして、2013年、58歳で初等中等教育局長に着任する。民間で言えば取締役であり、年収は約1765万円となる。文科官僚のトップである事務次官(年収2318万円)には16年6月に上りつめるが、翌年1月、組織的天下り斡旋(あっせん)問題の責任を取って退任し、翌月、懲戒処分を受けた。
http://www.zakzak.co.jp/

2017-06-20-k005.jpg

【管理人 補足記事&コメント】
国家公務員の人件費は、平成27年度で、 57.6万人、5兆1,937億円。地方公務員の人件費 230.5万人 20.3兆円で、国が負担する人件費と地方公務員の人件費の純計額となる公務部門の人件費 288.1万人 26.5兆円。であるから、およそ32兆円近い金額が国家公務員と公務部門の人件費という事になる。人数で2936万人となる。一人当たり100万円で29.36兆円ですから。一人当たりで見れば意外と安い金額となる。一部の官僚連中と幹部で高い金額を占めているというのが現状である。

従って一部の幹部や官僚連中の高い給料をいかに少なくするか…。それだけでも随分と無駄な税金は補える。5兆円レベルは減らせるのではと思うが…。ただ問題は一人当たりにすると、一般企業社員より少ないわけで、正社員として賃金公平化をすれば、現実は無駄な税金とはならないだろう。天下りはこういう恩恵のある部署或いは役所に付くわけで、困りごととなる。ましてこの事務次官は副大臣の下であるから、物事すべて決められる権限を有するわけで、総理のご意向もなにもないだろう。法律上あるいは政治のシステム上問題ならば、大臣に差し戻す権限を有するわけで、総理であれ誰であれご意向がまかり通ること自体事務次官の責任は重いという事になるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月20日 13:24 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(3)
国家公務員の厚遇ぶりが批判の的になりますが、退職金は高額だと思うけど、年収は高いと思わない。
あれやこれや手当を付けるから目立つけど、基本給が低いから、手当を付けて調整しないといけないんですよ。
官僚は激務の割に、出世しないと待遇は良くない。
だから東大生は、外資系の投資銀行やコンサルファームなどを選択する。
外交官などを厚遇しないと、優秀な学生がなりたがらない。
[ 2017/06/21 06:16 ] [ 編集 ]
好待遇というけれど
前川氏は役人の天下りを推進し、獣医師学校新設などの規制緩和にも消極的だった。さらに朝鮮学校の無料化の旗振り役だったともいわれ、このような人物にも高額な給与と退職金が払われていたことに大いに疑問を感じる。ただ諸外国と比べ日本の官僚の給与が格別高いとは思えない。これは前川氏の個別の問題であったと思う。
こんな人物が文部科学省のトップに出世できたシステムこそ問題があった。中曽根元総理の姻戚だったことで彼が文部科学省のトップになれたとしたら、そこが最も問題ではないでしょうか?政治家と役人の癒着の典型に思えるのだが、朝日をはじめどのメディアもなぜかこのことにスルーし、時の人として持ち上げているばかりだ。
官僚の給与が高額だったかよりも、給与に見合った仕事をしているかを見るべきです。
[ 2017/06/21 08:22 ] [ 編集 ]
退職金はいらない
待遇はきまりだから仕方ないとして、
悪事(天下り斡旋)をやって懲戒免職なのに
退職金8000万円を出すという甘さ。
出しても1/4だろう。
菅官房長官は頭にきたようだが、国民はみな
あきれている。
[ 2017/06/21 12:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL