韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  SKハイニックスが世界第2位の東芝を抱え込む

SKハイニックスが世界第2位の東芝を抱え込む

SKハイニックスを含む「韓米日連合」コンソーシアムが、半導体子会社「東芝メモリ」の売却を進めている日本東芝の優先交渉対象者に選ばれた。三星(サムスン)電子と一緒に国内半導体産業を率いているSKハイニックスが、グローバルメモリー半導体市場で再び跳躍の足掛かりを作ったことになる。

東芝は21日、取締役会を開き、SKハイニックスと日本の官民ファンド「産業革新機構(INCJ)」、国策銀行「日本政策投資銀行」、米私募ファンド「ベインキャピタル」などが含まれたコンソーシアムを優先交渉対象者に選んだと発表した。東芝側は、「企業価値、国外技術流出の懸念、国内雇用維持、売却手続きの確実性などの観点から総合的に評価した。(韓米日連合)コンソーシアムに最も高い点数がつけられた」と選定理由を説明した。

東芝は、メモリ半導体ナンドフラッシュのグローバル市場シェアが2位となっている。ナンド型フラッシュは、グローバル半導体市場の「主流」と言われている技術だ。モノのインターネット(IoT)、自律走行車、人工知能(AI)、ビッグデータなど第4次産業革命の中核産業は全てかなりの量のメモリ半導体を必要とする。





SKハイニックスは、28日に開かれる予定の東芝の定期株主総会まで、韓米日コンソーシアムが設立する特別目的法人(SPC)を通じて詳細条件を協議した後、契約を終える予定だ。その後、各国の独占禁止法の審査を経て、来年3月までに売却作業を完了する。東芝は、売却が期限内に完了しなければ、上場廃止は避けられない状況となっている。
http://japanese.donga.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国の輸出入銀行が、みずほ銀行から5億ドルを借り入れたことが公表され、聯合ニュースが配信し、日本でも一部で報じられたが、ほとんど報道されていない。だが韓国輸出入銀行はみずほ銀行だけではなく三菱東京UFJ銀行からも2億5000万ドルの借入を受けていた。この借入が発覚するより2カ月近く前に、「週刊ポスト」誌が日本のメガバンクが韓国にカネを貢いでいる事実を伝えている。 また日本の大手メガバンク関係者は、三菱東京UFJ、みずほ、三井住友の3大メガバンクの韓国企業に向けた貸し出しは1兆円を超えており、グローバルに展開する韓国企業の資金需要は旺盛で、脆弱な韓国金融界に変わって日本の銀行が融資を増やしているのが現状だと話している。

この状況で、サムスンを屈強に追い込むのはタイミングが悪いわけで、本来鴻海連合など、サムスン潰しに必死な企業を優先するべきだが、それを実施すればサムスンに融資しているメガバンクにとっては、”今のタイミング”では都合が悪いことになる。日本政府は韓国の下支えを実施し方針をまだ変えていない。結局、金融面と製造企業面において企業統治下に置くことで、まだ活用性があると考えている様だ。本来であれば韓国と関わらないことが一番だが、関わりすぎるように動いたのも日本政府であるから、困りごとである。これにより東芝本体の見通しは暗い。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月22日 10:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp