韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  SKグループ会長、抜群の勝負勘で東芝半導体事業買収に成功

SKグループ会長、抜群の勝負勘で東芝半導体事業買収に成功

韓国半導体大手のSKハイニックスは、日本最大の半導体企業でNAND型フラッシュメモリーの元祖である東芝のメモリー事業の買収に成功した。半導体メモリー世界2位のSKハイニックスは1位サムスン電子に追い付く足がかりを確保したことになる。SKハイニックスは当初有力候補ではなかったが、日本政府、米投資ファンドのベインキャピタルと韓米日連合を結成し、土壇場で大逆転を演じた。

2011年にSKハイニックスを買収し、半導体事業に参入した崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長の勝負勘が再びさえた。買収額2兆円のうち、SKハイニックスは3000億円を負担する。韓国企業による日本企業買収としては過去最大規模だ。東芝は21日、取締役会を開き、SKハイニックスが参加する韓米日連合を半導体メモリー事業の売却に向けた優先交渉対象者に決定した。東芝は28日に開かれる株主総会までに契約を結ぶ方針だ。
http://www.chosunonline.com/








【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、SKハイニックスが東芝メモリーを買収したと大騒ぎな報道だ。 現状は、韓米日連合に、SKハイニックス、ベインキャピタル、日本の産業革新機構、日本政策投資銀行、三菱東京UFJ銀行、米コールバーグ・クラビス・ロバーツ、東芝本社などが加わっているわけで、各社は特別目的会社を設立した後、東芝の半導体事業を買収する計画だと毎日新聞は報じている。有力候補だった米半導体大手ブロードコムのコンソーシアムは韓米日連合を2000億円上回る金額を提示したが、雇用維持が確実ではないという理由位で脱落した。

SKハイニックスは株式を取得するのではなく、3000億円を特別目的会社に融資する方式で今回の買収に加わる。直接投資すれば、独占・寡占の審査に時間がかかるほか、海外の半導体企業への売却に反対する日本の世論にも配慮した結果だと伝えている。SKハイニックス関係者は「崔泰源会長が4月に日本を訪れ、東芝の経営陣と会うなど買収計画を模索する過程で編み出した一手だ」と説明した。

日本メディアは東芝の経営が当面は現在の経営陣に委ねられるとの見方を示している。一方で売却完了後にはSKハイニックスが経営に加わる可能性が高く、韓米日連合で半導体メーカーはSKハイニックスだけだからだと胸を張る。半導体業界関係者は「SKハイニックスを除く各社は財務的投資者なので、長期的には株式を売却せざるを得ない。韓米日連合に参加しているSKハイニックスは株式取得時に有利な立場で交渉することができる」と指摘している。何とも都合の良い解釈をする。

百歩譲って、SKハイニックスが東芝のNAND型フラッシュメモリーを仮にすべて手に入れたとしても、設備は共有不可能だ。設備投資して統一するにも莫大な費用がかかる。もっともSKハイニックスがこれだけ必至だという理由の一つには歩留まりの悪さがあるのだろう。サムスンが一歩進んでいるとはいえ、詳細は不明だが、東芝の上層部は、サムスンが歩留まりにおける技術を得たかどうかは不明としながらも、東芝技術より半年ほど先を行くと認めている。利益率を見ればある程度想像できるが…。一方、製造設備面で独自技術であるとは報じていないわけで、大半が日本設備と考えれば、何とも気持ちは複雑となる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月22日 10:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL