韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  翻訳センターは、18年3月期も増収増益・連続増配予想

翻訳センターは、18年3月期も増収増益・連続増配予想

翻訳センター (JQ)は日本最大規模の言語サービス会社である。専門性の高い企業向け翻訳サービスを主力として、通訳や国際会議運営なども展開している。18年3月期も増収増益・連続増配予想である。株価は調整一巡してモミ合い上放れの動きを強めている。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。
 
特許・医薬・工業・法務・金融分野など専門性の高い企業向け翻訳サービスを主力として、派遣、通訳、語学教育、コンベンションなどに業容を拡大している。12年9月通訳・翻訳・国際会議運営のアイ・エス・エス(ISS)を子会社化、13年6月アイタスからIT関連ローカライゼーション/マニュアル翻訳事業の一部を譲り受け、14年10月医薬品承認申請・取得に関するメディカルライティング業務を専門に受託する子会社パナシアを設立した。

17年3月期セグメント別売上高構成比は翻訳事業69%(特許分野18%、医薬分野24%、工業・ローカライゼーション分野20%、金融・法務分野7%)、派遣事業9%、通訳事業8%、語学教育事業2%、コンベンション事業11%、その他2%である。なお収益面では下期の構成比が高くなる傾向があるとしている。





翻訳事業は専門性の高い産業翻訳に特化している。グループ全体で約6300名の登録者を確保し、対応可能言語は約75言語と国内最大規模である。また取引社数は約4400社、年間受注件数は約6万4000件に達している。翻訳サービスの需要は、企業のグローバル展開も背景として知的財産権関連、新薬開発関連、新製品開発関連、海外展開関連、IR・ディスクロージャー関連を中心に拡大基調である。
 
なお15年11月翻訳サービスの国際規格「ISO17100:2015」認証を取得、16年4月情報セキュリティ・マネジメントシステム(ISMS)の国際規格「ISO/IEC27001:2013」認証を取得した。また米国の調査会社Commom Senese Advisory社発表「世界の語学サービス会社ランキング2016」において5年連続でアジア1位となった。
http://biz.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
株式会社翻訳センターは、企業向けに医薬翻訳・特許翻訳・金融翻訳など専門分野の産業翻訳サービスを行う企業で、登録翻訳者は約3,200名。2006年4月に大証ヘラクレス(現・ジャスダック)に上場している。特許明細書、OA関連文書、契約書、訴訟関連文書など特許に関するあらゆる文書や、新薬の基礎研究に関する文書をはじめ、各開発ステージで必要な専門文書を取り扱っている。 翻訳センターの翻訳は、全件オーダーメイドとなる。安定した翻訳品質を実現するには、適切な翻訳者の人選と翻訳支援ツールの利用が欠かせない。

翻訳センターでは基幹業務統合システムを使って、多数の翻訳者が登録されたデータベースから、預かった文書に最適な翻訳者を選び出す仕組みを構築しているという。また、翻訳支援ツールを導入することにより、用語や表現を統一しながら、より効率よく翻訳できる作業環境を翻訳者に提供しているとの事。基幹業務統合システムと翻訳支援ツールは、翻訳の品質管理を支えながら業務の効率化を実現するための「翻訳プラットフォーム」を構成してる。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月23日 12:41 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp