韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  VR事業広げるサムスン・・・米で専門家雇い大リーグとも提携

VR事業広げるサムスン・・・米で専門家雇い大リーグとも提携

韓国のサムスン電子が近ごろ、国内外で仮想現実(VR)関連事業の領域拡大に力を入れている。業界によると、サムスン電子米国法人は先ごろ、現地のVRスペシャリスト5人を契約社員として雇い入れて「VRB」というチームを立ち上げ、今月初めにはこれら社員をシリコンバレーに置く自社研究所の正社員として採用した。

VRBチームは「VRB Home」「VRB Foto」という2種類のアプリをリリースしたほか、VRコンテンツクリエーターが利用できるツールキットも製作したとされる。 また、サムスン電子米国法人は21日、大リーグで今季活躍する選手や球場、主な試合の模様などをVRコンテンツとして製作し、野球ファンに提供する内容の提携契約をリーグ運営側と結んだことを明らかにした。米国だけでなく韓国や日本、カナダ、メキシコ、台湾などのファンがVR機器を使い、試合を360度映像で観戦できるようになる。

サムスン電子は昨年末には、米フェイスブック傘下のオキュラスVRや米グーグル、日本のソニー・インタラクティブエンタテインメントなどのVR機器メーカーとともに関連産業の振興を目指し「グローバルVR協会」を立ち上げるなど、VR産業の活性化をリードしている。




今月初めには、ブラジルのリオデジャネイロで行われた格闘技大会「UFC 212」の対戦をVRで生中継した。同社関係者は「シンガポール法人は交通安全教育コンテンツを製作し、オーストラリア法人はがん患者のストレスを軽減するプログラムを実施するなど、エンターテインメントだけでなく社会貢献や教育分野でのVR活用にも取り組んでいる」と伝えた。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
VR(バーチャルリアリティ)、AR(オーグメンテッド・リアリティ)、今後マーケットにリリースされる新しいテクノロジーとなる。現在、40億もの台数が普及し数兆円という規模となっているスマホやタブレット市場の次に来るであろう次世代プラットフォームとして、FacebookやGoogleなど各社がしのぎを削って開発を行っている。その市場を取りに行くためのスピード感ぶりは目を見張るほどで、製品の出荷に先立ちFacebookやYouTubeではVR動画を視聴できるよう機能をアップデートしている。外界と完全に意識を分断させるVRは言わずもがな、ゲームや映画などの「エンターテイメント」。没入感を与えどれだけ非日常体験をデザインできるかがポイントとなる。

一方ARは、外部の現実世界に価値を与えるものであるため常時利用が基本となる。ビジネス向けとして、既に利用されている実際の現状のシーンをみても、ODGなど宇宙空間での作業をはじめ、外科医に患者のバイタルサインを表示させたり、精密機械のメンテナンスなどの活用が主となる。そこから消費者向けに発展を見せているのが今のフェーズであり、これまでの常時利用を前提としたARデバイスにより高性能のセンサーやAI等のソフトウェア技術等…が組み合わさることで、実用価値を発揮していくのだろう…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月23日 13:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL