韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  スポーツ >  NHLが平昌五輪「不参加」を決定 大会への影響不可避

NHLが平昌五輪「不参加」を決定 大会への影響不可避

北米プロアイスホッケーのNHLが来年2月に開催される平昌冬季五輪に出場しないことを決定し、大会の盛り上がりや入場券の収益への影響が避けられなくなった。NHLが22日(現地時間)発表した2017-2018シーズンの日程によると、10月4日に開幕し、翌年6月中旬までレギュラーシーズンが開催され、来年1月末のオールスター戦で短い休みを挟む以外、中断なく試合が行われる。国際オリンピック委員会(IOC)、国際アイスホッケー連盟(IIHF)などが説得に乗り出したが、平昌五輪への不参加の決定は覆らなかった。アイスホッケーは冬季五輪で最も人気の高い種目に数えられ、NHLは1988年の長野五輪から2014年のソチ五輪まで冬季五輪に出場した。

今回の平昌五輪のみ参加せず、20年の北京五輪には参加するとの立場だ。NHLのチームオーナーらは、選手が五輪出場により経済的利益を得られないだけでなく、20日近くリーグを中断しなければならず、主力選手の負傷の可能性もあるとして五輪出場に消極的な立場だった。結局NHL事務局は各チームの意見を受け入れ、平昌五輪への不参加を決めた。NHLが来シーズンの日程を発表したことで、平昌五輪の組織委員会は戸惑いに包まれた。朴槿恵(パク・クネ)前大統領の親友の崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入事件で大会準備に支障が出た上、切り札の一つに数えられたNHLが参加しないことで、入場券の収益にも支障が出ることが避けられなくなった。




平昌五輪でのアイスホッケーの入場券販売収益は341億5000万ウォン(約33億3700万円)と予想されている。入場券収入全体(1746億ウォン)の19.5%を占める。五輪組織委によると、今年2月から4月まで行われた平昌五輪入場券のオンライン1次販売でアイスホッケー競技は4万5300枚(韓国内1万3300枚、海外3万2000枚)の申し込みがあったが、9月からのオンライン2次販売での入場券の売り上げにNHLの不参加が悪影響を与えるのは必至だ。その上、1次販売の購入者が今回の決定で購入をキャンセルする可能性もある。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
2018年2月に開幕する平昌五輪をめぐる“問題”がまたも明らかになった。五輪開催の地元・江原道の建設労働組合は6月14日、五輪関連の建設労働者に対する未払い賃金の支払いを求めたと江原日報などが報じた。未払い額は2400億ウォン(約240億円)に上るという。労働者は生活困窮に陥っており、組合への苦情は8000件もあるそうだ。韓国だけで幅を利かせている「社会悪」だと報じる韓国メディアもあり、根は深そうだ。(産経ニュース)

ソウル経済新聞は今年1月、韓国では最近、賃金未払いが高いレベルで推移し、徐々に増加傾向にあり社会的問題になっていると報じた。長引く経済不況が根底にあるが、韓国人が労働の対価として賃金が発生するという労働経済学の基本概念を理解できていないため、経営不振になると平然と賃金を踏み倒すという指摘もある。ハンギョレ新聞などによると、賃金未払いは大企業、中小企業の区別なく蔓延と伝えている。

そもそも北の危険が伴う国で実施するのかと言う問題があるわけで、さっさと中止したほうが良いのではと思うが…。出場しない国が今後増えるのではないか…。挙句に6月14日に江原道庁前で会見した江原建設労働組合は、平昌五輪の関連工事が終盤になれば未払い額が「取り返しの付かないほど増えている」と伝えているわけで、労働組合は7月までに解決策が用意されなければ、大統領府への告訴も辞さない構えだと、自国内でのもめ事が加速した場合、中止に追い込まれるのでは…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月24日 11:15 ] カテゴリ:スポーツ | TB(0) | CM(1)
IOC 対 NHL
IOC対プロ競技団体の間で、きわめて本質的な議論の末 不参加決定。
IOCの正体は、アマチュアプレーヤーに無償でプレーさせて、興行収入を
独占という収益構造であって、そこへプロが参加するからおかしくなる。
「22年の北京に出れないぞ」とIOCから脅しがかかったが、効き目なし。
平昌の組織委はIOCと組んで、条件交渉(おそらく出演料)に出る考えだが、
それをやれば、オリンピックの変質とIOCの地盤沈下を加速するだろう。

これは偶然ではない。諸処粗雑で盛り上がらない平昌だから、
前から抜けたいと考えていた団体には抜けるチャンスでしょう。
[ 2017/06/25 23:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL