韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国車の淘汰はすでに始まっている・・・5年後はどれだけ生き残れるか

中国車の淘汰はすでに始まっている・・・5年後はどれだけ生き残れるか

中国汽車工業協会によれば、中国自動車市場における2017年5月の乗用車販売台数は前年比2.6%減の175万1000台にとどまった。1−5月の販売台数は942万1000台となり、前年同期比で1.5%と小幅ながら増加した。中国自動車市場の成長が鈍化しつつあるなか、中国国内では中国自主ブランドメーカーの淘汰が始まるのではないかとの見方も浮上している。

中国メディアの今日頭条は23日、中国自動車メーカーのなかでも広州汽車や吉利汽車といった一部のメーカーが販売を伸ばしていることを指摘する一方、販売台数を大きく減らしているメーカーも存在することを指摘、市場の成長鈍化に伴う競争の激化を背景に「中国メーカーの淘汰はおそらくすでに始まっている」と伝えている。

記事は、中国市場の1−5月における販売台数の伸びは「各メーカーが値下げや販促を必死に行ったうえでの結果」であるとし、中国の乗用車市場はすでに需要が低迷し始めており、「需要が供給を上回る状況のもと、経営力や製品力で劣る企業は明らかに不利」であると指摘。中国車は16年に好調な販売を記録したが、すでにその勢いは明らかに衰えていると伝えた。




さらに、乗用車市場のなかでもSUVだけは好調であるとしながらも、各メーカーが相次いでSUVを市場に投入しているため、遅かれ早かれ市場が飽和状態に陥るのは目に見えていると指摘。また、長安汽車の朱華栄総裁が現時点で46ある中国の自主ブランドのうち、「5年後に5ブランドほど生き残れていれば上出来」と述べたことを伝え、中国メーカーの間で「市場での淘汰」に対して危機感が高まっていることを伝えている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
乗用車の2016年通年の生産台数は15.5%増の2,442.1万台、販売台数は14.9%増の2,437.7万台となり、伸び率は自動車全体と比較すると生産が1.0ポイント、販売が1.3ポイント上回っている。商用車の2016年通年の生産台数は8%増の369.8万台、販売台数は5.8%増の365.1万台。新エネルギー車の2016年通年の生産台数は51.7%増の51.7万台、販売台数は53%増の50.7万台である。そのうち電気自動車(EV)の生産は63.9%増の41.7万台、販売は65.1%増の40.9万台、プラグインハイブリッド車(PHV)の生産は15.7%増の9.9万台、販売は17.1%増の9.8万台となった。2016年通年の輸出台数は2.7%減の70.8万台で、内訳は乗用車が11.5%増の47.7万台、商用車が23.1%減の23.1万台となっている。

2017年では、1-5月期で商用車の伸びI率が13%を超えている。乗用車は3%伸びで、そろそろ限界点になりそうだが…。一方で輸出は商用車は減少で乗用車は伸びている。中国市場においては、そろそろ経済鈍化もあり、さらには環境汚染問題もあるわけで、今後は環境汚染の度合いによっては、軽自動車と言う手段もあるわけで、中国政府次第となる。日本のハイブリッド軽自動車に変えるだけで大きく環境汚染の改善に寄与する事になるが…。中国政府の今後におけるかじ取りは大きな関心ごとだが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月25日 18:54 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL