韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領、また大嘘垂れ流し 慰安婦問題で「日本は努力不足」

文大統領、また大嘘垂れ流し 慰安婦問題で「日本は努力不足」

「反日活動」に邁進(まいしん)する韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領がまた、国際社会にウソを垂れ流した。ロイター通信のインタビューに対し、慰安婦問題を含む歴史問題で日本は努力不足だと指摘したのだ。問題解決に取り組もうとしないのは韓国のほうなのだが、文氏に日本を認める気はさらさらないということだろう。国際社会に誤解を与えないよう、日本政府は断固抗議すべきだ。

「慰安婦問題を含む2国間の歴史問題解決のため、日本は最善の努力をしていない」。 インタビューでそう述べた文氏は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した2015年の日韓合意についても「多くの韓国人が受け入れていない」と、これまでと同様の主張を繰り返した。ふざけるな、としかいいようがない。日韓合意後の両国の行動を見れば、努力をしていないのは韓国であることがよく分かる。合意に基づき、日本政府は、元慰安婦の支援を目的につくられた財団に10億円を拠出した。




ところが、韓国はソウルの日本大使館前の慰安婦像を撤去しないばかりか、昨年末には釜山の日本総領事館前に新たな慰安婦像の設置を許したのだ。慰安婦像について「適切に解決されるよう努力する」という合意に違反しているのは明白だろう。こうした経緯を文氏が知らないはずがない。それにもかかわらず、ウソを国際社会に広めようとしているのだ。ロイター通信のインタビューで、文氏は「日本は戦時の歴史問題(の責任)を完全に認めることを拒否しており、軍備支出が拡大していることも懸念される」とも述べ、批判的な見解を示した。 いい加減な主張を繰り返す文氏を黙らせるため、日本の毅然(きぜん)とした行動が必要だ。
http://www.zakzak.co.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
聯合ニュースは、旧日本軍の慰安婦問題を巡る韓日合意については、「多くの韓国人が受け入れられずにいる」として否定的な見解を示した。さらに「日本は両国の過去の歴史問題を解決するために最善の努力をしない」と批判し、独島問題についても、「日本は(領有権を)ずっと主張している」と指摘している。挙句に日本との関係については、「北に対して日本とさらにレベルの高い情報共有を希望する」としながらも、「日本の軍備増強に対して懸念している」と述べている。

何というのか韓国無能な文在寅。反日政策と北へのすり寄り、さらには、「トランプ米大統領が北核問題を(解決すべき)最優先事項に置き続ければ、韓米は北核危機を解決できる」と述べている。自分の国の問題であるにもかかわらず、自己都合と言うか、アメリカが解決してくるという願いを込めている。こんな状態で米韓首脳会談に臨んだら、トランプの怒りを買うだけだろう。韓米同盟はおろか、在韓米軍は引き揚げるのではないか…。異常な韓国をまた露呈したわけで、つぎは冬季オリンピックを日本と共同でなどと言い出すのではないか…。 文在寅もどこまで汚いのか…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月26日 13:09 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(3)
南鮮・北鮮・支那
 まともに約束を守った事があ
りますかね?

 アメリカも(日本もだけど)、 何遍
騙されたら気が済むんだか。

 もう、 北鮮叩いて、 南鮮も道
連れにしていい頃合でしょう?
支那への牽制にもなるし、 日本
国内の議論だって方向性が定ま
る。

 あいつらは、 国や体制が違っ
ても、 本質は同じですよ。 自己
都合しかないんだ。

 日本にも、 アジアや世界に対し
て責任が在ると思いますよ、 今
のうちに手を打たないと、 あの
連中は世界に災いします。

 半島ごと、 叩いてやればいい
んです。 出来れば支那も!

[ 2017/06/26 14:27 ] [ 編集 ]
予測不能
文在寅は軽薄で支離滅裂で一貫性のない人だ。かつ政局を読まない。
何を言い出すのか予測不能だが、何を言っても影響は限定的だから
日米は手を出さない。

北朝鮮も対応に苦慮している様子。
ミサイルの一発も撃ってやろうかと構えていると
五輪の南北共催を言い出すし。

海外メディアに反日発言して、聞きつけた産経ZAKZAKが
ネガキャンを張る。朝日ですら論評不能で放置。

今は各紙、文在寅訪米の成り行きに備えて、多種多様な
記事材料を用意しているでしょう。
[ 2017/06/26 16:10 ] [ 編集 ]
彼の国の歴史そのものです
 太古から何も変わりません。
 いつもエラそうな態度で、姑息な手を使っては現中国や日本など他国にたかってきた国です。
 近年では、ロシアに色目を使ったものの向こうの方が上手で、結局、アメリカと日本がたかりの対象になっているようです。
 かつて、破廉恥な彼の国の統治を日本に委ねたアメリカも、北を含めた彼の国の異常さに、改めて困惑しているのではないでしょうか。

 このような国には関わらないのが最も賢明でしょうが、隣国にある日本はそうもいかないようです。
 日本国政府には、彼の国とは最低限の慎ましい付き合いをお願いしたいものです。
 それと、世界に向かって、彼の国の異常さを常に発信して頂きたいものです。
[ 2017/06/26 17:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL