韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  コメを食べなくなっている日本人、安全で美味しいコメを求める中国人

コメを食べなくなっている日本人、安全で美味しいコメを求める中国人

国土の広い中国では地域によって食習慣に大きな違いがある。小麦粉で作られた饅頭(マントウ)や餃子などが主食として食卓に上ることが多い中国北方に対し、南方に住む人びとの主食は、日本と同じコメが中心だ。中国メディアの新浪は22日、中国の農業関係者がこのほど日本の農業生産などの現場を視察に訪れたことを紹介し、日本では経済発展に伴い、人びとの食生活も変化を遂げていることを伝えた。記事はまず、日本の事例から「コメの消費量の変化は経済発展と関係があるようだ」と伝え、「経済が成長しているとき、コメの消費量は伸び続ける。

しかし、経済成長が鈍化して社会が成熟すると、コメの消費量が減少する」可能性があると指摘した。 さらに、インドネシアと日本のコメ消費量について比較し、インドネシアにおける年間の1人あたりコメ消費量は平均200kgであるのに対し、現在の日本の消費量は平均54kgに過ぎないと紹介。日本の50年前の消費量は約120kgほどだったと紹介し、日本では経済の発展に伴って消費者の食生活が多様化し、コメの需要が減少していると指摘した。 一方で記事は、日本でも過去には「安全で美味しいコメ」に対するニーズが高まった時期もあることを紹介しているが、まさに現在の中国がこの時期に該当すると言えるだろう。





中国では深刻な環境汚染によってコメの重金属汚染など、様々な問題が発生していて、安全で美味しいコメに対する人びとのニーズは非常に高まっている。中国人が日本で電気炊飯器を爆買いしたのも、美味しいコメを食べたいというニーズの現れであり、日本産のコメは中国市場を積極的に開拓することで日本国内における消費量減少を十分に補うことができるのではないだろうか。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
日本の米は海外で高く評価されている。米についても、ジャポニカ米(短粒種)、インディカ米(長粒種)の区別があるほか、同じジャポニカ米でも品質に大きな差がある。世界で貿易される米のほとんどはインディカ米であるうえ、ジャポニカ米も含め、その貿易量のほとんどがアフリカ、南アジア、一部の東南アジアなどの低所得国向けの低価格、低品質米である。インディカ米でも、パキスタンなどで生産されるバスマッティ・ライス、アメリカ・中国向けのタイ産のジャスミン米のような高級米と、アフリカや南アジアなどへ輸出される低級米とは大きな品質の違いがある。

アメリカは350万トンの輸出を行いながら、高級長粒種ジャスミン米を中心にタイなどから80万トンの米を輸入している。牛肉と同様、米でも産業内貿易が実際に行われている。 国内でも、同じコシヒカリという品種でも、新潟県魚沼産と一般の産地のコシヒカリでは1.5倍の価格差がある。国際市場でも、日本米は最も高い評価を受けている。現在、香港では、同じコシヒカリでも日本産はカリフォルニア産の1.6倍、中国産の2.5倍の価格となっている。それでも日本の米は中国で大人気である。

輸出するために米を増産する必要があるとすれば、減反は当然廃止となる。そもそも関税がなくなれば、減反によって国際価格よりも高い水準に価格が設定されている「国内の価格カルテル」は維持できない。そうなれば、価格は大きく低下し国際競争力はますます強化される。世界に冠たる品質の米が、減反廃止に加えて、生産性向上と直接支払いでいっそう価格競争力を持つようになると展望が開けるのだが…。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月26日 18:55 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp