韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領、北朝鮮核問題の2段階解決策めぐりトランプとの接点見出せるか

文大統領、北朝鮮核問題の2段階解決策めぐりトランプとの接点見出せるか

30日(現地時間)、米ワシントンDCで就任後初の韓米首脳会談に臨む文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、前日に続き26日にも、別途の外部日程をこなすことなく、訪米準備に力を入れた。両国首脳は会談で北朝鮮核問題や韓米自由貿易協定(FTA)をめぐる再交渉の可否、経済協力の拡大などの懸案を全般的に協議する予定だ。

さらに高度化している北朝鮮の核・ミサイル問題は、両首脳の最大の関心事になる見込みだ。特に、文大統領が最近米国CBSとのインタビューで提示した「北朝鮮の核凍結→非核化」という「北朝鮮の核問題に対する2段階解決策」について、両首脳が接点を見出せるかが注目される。文大統領とドナルド・トランプ米大統領は、いずれも北朝鮮に消極的圧迫を加えながら北朝鮮の変化を待つ「戦略的忍耐」政策が効果的でなかったという点には同意しているが、文大統領は“対話”に、米国行政部は“非核化”に重きを置いている。

韓米自由貿易協定を再協議するかどうかも主な関心事として浮上している。トランプ大統領は大統領選候補時代から同協定について「米国の雇用を殺す協定」だとして、露骨に批判してきた。




大統領府は最大懸案であるTHAAD(高高度防衛ミサイル)の朝鮮半島配備は、会談の主な議題ではないと線を引いている。文大統領は同日、元駐米大使たちとの懇談会で、「今回の首脳会談では具体的事案に対する成果にこだわらず、トランプ大統領との友誼と信頼を築き、これをベースに韓米同盟強化の基盤を固め、北朝鮮核問題の解決に向けた共同案を議論する予定」だと明らかにした。THAADの迅速な配備を希望する米国の要求に直ちに応えられないだけに、THAAD問題を初の首脳会談で主要に議論するのは望ましくないという韓国政府の意思を示したものと見られる。チョン・ウィヨン大統領府国家安保室長は「今後5年間、首脳間の随時の電話会談や相互訪問、多国間会議などを通じて、緊密な協議体制が築かれることを期待している」と明らかにした。しかし、会談過程でトランプ大統領が突発的にTHAAD問題を提起する可能性も排除できない。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国に“魔王”と呼ばれる新大統領が第19代大統領に就任した文在寅氏(64)だ。文氏は日本のマンガ『ワンピース』に登場する“冥王レイリー”に風貌が似ていることから“冥王”と呼ばれている。文氏は「韓国の領土だ」と公言して、昨年7月に島根県の日本固有の領土である竹島に上陸した人物。「米国に“日本を共通の仮想敵国にしよう”と提案したとされる、廬武鉉元大統領の側近だっただけに、反日思想は筋金入りです。そのうえ、選挙中から“北朝鮮との関係改善”を公約に掲げ、北朝鮮も韓国の左派政権誕生に歓迎の意を表明しています」(韓国事情通)

朝鮮半島有事のリスクが過去最大に高まっている今、文氏は“親北”どころか“従北”の姿勢だ。文氏自身も、廬政権時代に大統領府民情首席秘書官と政権ナンバー2にあたる秘書室長を務め、彼が大統領府にいる間、公安事件で服役していた人物が2回も恩赦を受けて釈放されている。その人物はのちに、北朝鮮が韓国へ南進(侵攻)した際に備え、韓国内の基幹施設を破壊しようとしたなどとして、内乱扇動罪などで身柄を拘束されていた。新大統領が、そんな物騒な人物の恩赦に関与していたのだとしたら、また問題となるだろう…。

さらに従軍慰安婦問題では日本政府が韓国側に10億円を拠出し、2015年の12月、この問題で両国政府が終止符を打つことで合意。ところが、文氏は選挙中から、この合意は「無効」だと主張していた。 韓国の新政権が再交渉を求めてきても、当然、日本政府は応じない。韓国は一方的に合意の破棄を宣言するのだろう。トランプ大統領はそれを見て、韓国切り捨てに走る可能性もある。今のアメリカは、トランプにより、世界を先導するほどの指導力も能力もない。自国問題で精いっぱいのアメリカと化しているわけで、韓米FTA、THAAD設置、アメリカへの投資と雇用促進、これが無ければ、在韓米軍撤退は加速するだろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月27日 09:52 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
余計なお世話
「THAAD問題」を議題からはずして「北核問題」を協議しようというから
文在寅は北朝鮮と「丸腰交渉」でいこうというセンス。
これはアメリカ人には理解しがたいだろう。

文在寅の「北の非核化」にはどんな具体的実行計画があるのだろう。
例えば、自分が北へ乗り込んで金正恩ど談判する、とか。
これが本気なら立派なことだ。
そうではなくて、六ヶ国協議の再開、せいぜいこの辺だろう。

文在寅は半島問題の当事者でありながら、対北、対米どちらにも
交渉カードを持たない、えらくしょぼい政権トップだ。
[ 2017/06/27 12:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL