韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  小型SUV「コナ」、事前契約が5000台を突破

小型SUV「コナ」、事前契約が5000台を突破

現代(ヒョンデ)自動車の小型スポーツユーティリティ車両(SUV)「コナ(KONA)」が、事前契約で5000台を突破した。26日、現代自は、全国営業店で27日からコナを本格販売すると発表した。現代自は14日から事前契約を受け付けた結果、同日まで計5012台が契約されたと発表した。これは、競争車種である双竜(サンヨン)自動車「チボリ」の発売当時の事前契約台数(約4000台)と、昨年の月平均販売台数である3750台を共に大幅に上回る数値だ。現代自は今年、国内市場でコナを計2万6000台販売する計画だった。事前契約期間と台数を考慮すれば、年間販売目標の約20%を早期に達成したことになる。

コナは、車体の重心が低く設計され、安定的で強いイメージを実現した。現代自の象徴となっているカスケーディンググリルと両脇に細く一文字に配置されたデイタイムランニングライトが特徴である。また、ガソリン1.6ターボGDiエンジンとディーゼル1.6エンジン、基本的に搭載される7段のデュアルクラッチ(DCT)により、優れた走行性能を発揮する。ガソリンモデルは、最高出力が177馬力、最大トルクは27.0kg・mで、ディーゼルは最高出力が136馬力、最大トルクは30.6kg・mである。
同日公開された複合燃費は、ガソリンターボ2輪駆動モデルが1リットル当たり12.8キロ、4輪モデルは11.3キロ、2輪ディーゼルモデルは16.8キロとなっている。





価格は、スマートが1895万ウォン、モダンが2095万ウォン、モダンポップ・テック・アートが2225万ウォン、プレミアムが2425万ウォンだ。TUIX特化モデルであるフラックスモデルはフラックスモダンが2250万ウォン、フラックスプレミアムが2485万ウォン、フラックスプレミアムスペシャルが2680万ウォンだ。すべてガソリンモデルの価格であり、ディーゼルモデルは195万ウォンずつ追加される。
http://japanese.donga.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国の現代自動車は26日、世界市場向けの初の小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「Kona(コナ)」の国内販売を27日から開始すると発表した。同車の事前契約台数は5012台となり、今年の韓国市場での販売目標2万6000台の約20%に上った。燃費はガソリンターボモデルの二輪駆動で1リットル当たり12.8キロ、四輪駆動で11.3キロ、ディーゼルモデルの二輪駆動で16.8キロを実現し、クラス最高水準の燃費性能を持つという。1.6リットルのガソリンエンジン「GDi」搭載モデルは最高出力が177馬力、最大トルクが27.0kgf・m、ディーゼルモデルは最高出力136馬力、最大トルク30.6kgf・m。

運転者が十分な視野を確保し、楽に運転できるよう地上高と全高を最適化したことなどが特徴で、ほかの小型SUVに比べ全高は5センチほど低く、全幅は広くした。コナの特徴のひとつが、充実した車載コネクティビティ。ヘッドアップディスプレイ(HUD)は、ヒュンダイによると、クラス最高の輝度を誇り、昼夜を問わず高い視認性を実現しているという。このヘッドアップディスプレイには、速度、ナビゲーション、車線逸脱警告などの情報を表示できる。スマートフォンのワイヤレス充電機能も用意。センターコンソール収納部のワイヤレス充電インターフェイスにスマートフォンを置くだけで、簡単に充電できる。

プレミアムインフォテインメントシステムは、Android AutoやApple CarPlayなどに対応。さらに、北米では4GテレマティクスとHDラジオ、欧州ではDABデジタルラジオに接続できるなど、コネクティビティを追求している。さて、売れるだろうか…。今年大低迷の現代自である。救世主にはほど遠いと思うが…。販売後にクレームとならないことを祈りたいが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月27日 10:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp