韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本、F35に空対地ミサイル装着検討へ

日本、F35に空対地ミサイル装着検討へ

日本が自衛隊の攻撃能力を強化させようとする動きを本格化している。 読売新聞は複数の政府関係者の言葉を引用して「(日本)政府は、航空自衛隊に配備予定の最新鋭ステルス戦闘機『F35』に、遠く離れた地上の敵を攻撃できる『空対地ミサイル』を導入する方向で検討に入った」とし「2018年度予算に関連経費の計上を目指している」と26日、報じた。

自衛隊が戦闘機に軍事施設を直接攻撃できる長距離空対地ミサイルを装着するのは初めてで、執権自民党が政府に要請した「敵基地攻撃能力の保有」を具体化する初めての試みだと解釈できる。これに先立ち、自民党は中国や北朝鮮の脅威に対応するために巡航(クルーズ)ミサイルの配備などを政府に提案していた。

航空自衛隊は今年度末からF35戦闘機42機を三沢基地(青森県)に順次配置する予定だ。42機のうち4機は米国から完成品を、38機は部品を日本に搬入して三菱重工業で組み立てて生産する予定だ。自衛隊は今月5日、日本で組み立てた「F35A」1号機を初めて公開した。




読売新聞によると、日本政府はF35に装着する空対地ミサイルに、ノルウェーが主体となって開発中の「ジョイント・ストライク・ミサイル(Joint Strike Missile:JSM)」を有力候補として検討している。ノルウェーはF35体系の国際共同開発国9カ国の一つとして参加してきた。赤外線シーカーなどを装備しているJSMは、自動入力された標的を正確に命中させる先端ミサイルだ。 英国軍事専門紙「IHS Jane's」によると、年内にF35とJSM体系の統合作業が完了する予定だ。F35AはJSM2発を内蔵搭載できるように設計されているという。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
日本政府は、航空自衛隊に配備予定の最新鋭ステルス戦闘機「F35」に、遠く離れた地上の敵を攻撃できる「空対地ミサイル」を導入する方向で検討に入ったと読売新聞が報じた。自衛隊への導入は初めてとなり、2018年度予算に関連経費の計上を目指しているという。国内の離島有事に備えるのが主目的だが、自衛のために相手国の基地などを攻撃する「敵基地攻撃能力」の保有を念頭に置いているとの見方もある。複数の政府関係者が明らかにした。空自のF4戦闘機の後継となるF35は米軍などが採用している。

さらに敵のレーダーに探知されにくい高度なステルス性能を持つ。空自は計42機を導入し、今年度末から三沢基地(青森県)に順次配備する予定だ。海上の艦船を狙う「空対艦」とともに、空自が現在保有していない「空対地」ミサイルの能力を併せ持ち、射程は約300キロ・メートルとされている。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月27日 11:01 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL