韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  中国で日系車が「一人勝ち」、なぜ販売が伸び続けているのか

中国で日系車が「一人勝ち」、なぜ販売が伸び続けているのか

中国を訪れてみると、中国国産車だけでなく、非常にさまざまな国のメーカーの車を見かけることができる。そのなかでよく見かけるのは、ドイツ系、アメリカ系、韓国系、そして日系車だ。
 
多くの中国人消費者が日系車の品質の良さを評価していることは、中国市場における日系車の販売が伸びていることを見れば一目瞭然だ。中国汽車工業協会によれば、2017年1−5月における日系車の販売台数は前年同期比17.59%増となり、中国系を含めた国別で最大の伸びを示した。ドイツ系の伸びが4%台、米国系が2%にとどまり、フランス系や韓国系が37%減、43%減となるなか、日系車はまさに一人勝ちと言える結果を残した。
 
では、なぜ日系車は中国市場でこれだけ好調な販売を維持できているのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国で「日系車の販売が伸び続けている」と伝え、日系車の魅力について論じている。





記事はまず、日系車は品質、技術力ともに優れているのに価格は決して高すぎることはなく、非常にコストパフォーマンスが高いと伝え、さらに高級車から小型車に至るまで、消費者に幅広い製品ラインナップを提供していると指摘。10数年前に販売された車でさえ、いまだに街中を走っているところを見ると「日系車に対する高い評価は決して嘘ではないことがわかる」と論じた。
 
続けて、中国では今なお消費に愛国心や政治的要素を持ち込む傾向が見られるものの、近年の消費者は理性的になりつつあると指摘。また、自動車という高額な商品となれば、愛国心なども重要ではあるが、それと同時に賢い買い物がしたいと願うものだとし、日系車の販売が伸びているのは消費者が理性的になると同時に、本質的な競争力が評価され始めている証だと紹介している。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
2015年上半期における中国市場の合弁車の販売台数は前年比1.0%減の595万400台だった。ドイツ系、米国系、韓国系のいずれも販売台数は前年比ベースで減少したと指摘。一方の日系車は同17.4%増だったと伝え、特にホンダは同30.4%増、トヨタは同10.1%増となり、日系車の販売増を牽引した。 中国自動車市場が低迷するなかで、「日系車の販売台数だけは伸びており、まさに鮮明な対比を成した」と伝え、日系車が販売を伸ばした背景として「自動車市場の主力ターゲットになりつつある若年層に支持された点」や「高い技術力が評価された点」を挙げている。

中国メディアはそれ以後同じような記事を掲載し続けているわけで、訪日中国人が増える一方で、日本に対する見方の変化は日系車の品質と安全と言う側面において、認めつつあるという結果と言える。しかし、2013年と2016年の中国自動車販売台数を見ると、全体的に増えているわけで、もともと150万台程度の韓国系の販売台数の伸びが悪いのだが、日系は80万台以上の伸びで、韓国系は20万台以上伸びている。単に企業数の違いとも受け止められる。むしろドイツ系の伸びのほうが大きいが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月27日 11:32 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp