韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  女性の単身世帯、10年間で80万以上増加…10人中6人が月10万円以下

女性の単身世帯、10年間で80万以上増加…10人中6人が月10万円以下

非婚・離婚の状態で一人暮らしをしたり、配偶者と死別して一人で暮らしている女性が増え、女性の単身世帯が持続的に増加する傾向を示している。しかし、これらのうち半分以上が月平均100万ウォン(約10万円)を下回る低所得世帯である上、犯罪被害者になるかもしれないという潜在的不安の中で生活していることが分かった。

27日、統計庁と女性家族部が発表した「2017統計で見る女性の生活」報告書によると、女性の単身世帯は2005年の175万3千世帯から2015年には261万世帯に10年間で80万世帯以上増えた。全体の単身世帯(520万3千世帯・2015年基準)に占める割合が50.2%で半数を上回っている。年齢別に見ると、60代以上の女性の単身世帯が43.2%で最も多く、20代(15.4%)と50代(15.3%)などがその後を続いている。10年前に比べて60歳以上の場合、女性の単身世帯が34万世帯、50代では19万8千世帯も増えた。

問題は彼女たちがかなり厳しい生活を強いられていることだ。女性の単身世帯の月平均所得は100万ウォン(約10万円)未満が56.9%(2016年基準)に達した。男性の単身世帯のうち月平均所得が100万ウォン未満の割合(29.5%)より、1.9倍も高い。特に、60歳以上女性の単身世帯の場合、100万ウォン未満の所得が80.2%に達した。一方、月平均所得が300万ウォン以上(約30万円)は7.9%にとどまり、男性の単身世帯の300万ウォン以上の割合(20.5%)を大きく下回った。





特に、単身世帯の女性が感じる不安感の原因は犯罪被害者になるかもしれないという恐怖が一番大きいものと集計された。単身世帯の女性の37.2%は、主な不安要因として「犯罪の発生」を挙げた。国家の安全保障(16.9%)、経済的危険(11.1%)などがその後を続いた。主な不安要因として犯罪の発生を挙げた割合は、2014年の21.3%に比べて大幅に増えた。昨年の「江南(カンナム)駅殺人事件」など女性を対象にした凶悪犯罪が社会的イシューに浮上した影響によるものとみられる。一方、単身世帯の男性の場合、最も不安な要因は国家安保(21.5%)だった。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
日本では、単身世帯(一人暮らし)の増加傾向が1980年代頃より顕著になっており、今後もその傾向が続くことが予想される。1980年の単身世帯数は711万世帯であったが、2010年には1678万世帯となり、2.4倍増加した。また、総人口に占める一人暮らしの割合も1980年の6.1%から2010年には13.1%となり、現在、全国で10人に1人強の人が一人暮らしとなっている。今後、30年の単身世帯数は1824万世帯になるとみられており、総人口に占める一人暮らしの割合は15.8%となり、6人に1人が一人暮らしになっていく(国立社会保障・人口問題研究所2008年推計)。

単身世帯を構成する人々の年齢階層の変化である。男女別・年齢階層別に単身世帯数をみると、10年の単身世帯は男性では20歳代が最も多く189万世帯となっている。20歳代は就職や進学を機に親元を離れて一人暮らしをする年齢にあたるため、単身世帯が多い。そして結婚すれば二人以上世帯となるために、年齢階層が高まるにつれて単身世帯は減少していく。 女性をみると、20歳代と共に70歳代で単身世帯が多く、「ふたコブ型」となっている。70歳代女性で単身世帯が増加するのは、女性の平均寿命が男性よりも長いので、夫と死別して一人暮らしとなる女性が多いことが考えられる。

ところが30年になると、この形状が大きく変わる。男性では20歳代の単身世帯が少子化の影響を受けて減少する一方で、50歳代・60歳代の単身世帯が各々200万世帯弱にのぼり、最も多くなる。女性をみると80歳以上の単身世帯が214万世帯と最も多く、「ふたコブ型」から「すり鉢型」に変わっていく。特に中高年男性の単身世帯の増加は、これまであまり注目されてこなかった点であるが、30年には、50歳代・60歳代男性の4人に1人弱が単身世帯になると予想される。

単身世帯は失業や病気・怪我などによって働けなくなれば、貧困に陥りやすい。結婚していれば配偶者が働くことでやりくりできるが、単身世帯ではそれが難しい。 単身世帯は二人以上世帯に比べて、非正規労働に従事する人の比率が高い。この背景には、非正規労働に従事する単身男性は、経済的に不安定なために、結婚したくても結婚が難しいという事情が考えられる。さらに、未婚化の進展に伴って、非正規労働に従事する未婚の単身女性も増えている。従来、非正規労働には、主婦が家計を補助する目的で従事することが多かったが、近年では「主たる稼ぎ主」として非正規労働者となる単身女性も増えている。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月28日 09:07 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp