韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米国が中国を「最悪の人身売買国」と規定した理由

米国が中国を「最悪の人身売買国」と規定した理由

米国務省が4年ぶりに中国を人身売買の最下位ランクに降格させた。中国は人権問題に敏感に反応してきたが、今回の措置は中国の「消極的」な対北朝鮮圧迫に対する米国側の不満も反映されており、米中間の緊張が高まる兆しを見せている。 国務省は27日発表した「2017年人身売買報告書」で、中国を最下位ランクの3等級国家に分類したと明らかにした。米国は2014年から中国を「監視ランク」である2等級グループに含めてきた。3等級は人身売買防止のための努力をしないことはもちろん、最小限の基準と規定も備えていない国として評価されるということを意味する。北朝鮮、ロシア、シリアなどが3等級に分類されており、中国は今年コンゴおよびコンゴ民主共和国とともに3等級に落ちた。 

国務省は中国を3等級に分類した理由に関して、脱北者を北朝鮮に送還する慣行や北西部の新疆ウイグル自治区のウイグル人に対する強制労働を最大の問題点として指摘した。特にレックス・ティラーソン長官は、報告書を発表する席で「中国にいる北朝鮮強制労働者たちを含め、人身売買に関連する共謀を終息させるための真剣な処置を取っていないこと」も部分的に中国のランクを下げた理由だと説明した。ティラーソン長官は「国家であれ非国家行為者であれ、人身売買を活用すれば国家安保の脅威となり得る」とし、「北朝鮮は不法収入源を強制労働に依存している。5~8万人の北朝鮮人がロシアや中国など海外で強制労働をしている」と主張した。





国務省の報告書およびティラーソン長官の発言と関連して、ワシントンのある消息筋は「米国が北朝鮮の核問題や貿易の争点と関連して中国をさらに追い込もうというシグナルと見られる」と解釈した。ロイター通信も「トランプ大統領が北朝鮮問題および二者貿易問題と関連して、中国の努力不足にますます失望している」という米国高官らの話を引用して報道した。同通信はトランプ大統領がウィルバー・ロス商務長官が取り上げた中国産の鉄鋼関税の賦課を含め、いくつかの貿易措置を検討していると伝えた。

ティラーソン長官は先月3日、国務省の職員らを対象にした演説で「自由、人間の尊厳性などを他の国家に対して過度に問い詰めれば、安保と経済の利益の障害物を作る」と強調したことがある。しかし今回の処置は、人権問題を安保および貿易と連携させ、中国を圧迫する下位の手段に転落させたという評価を避けられない。これに対して中国の陸慷外交部報道官は「中国は米国が自分の国内法で他国の人身売買犯罪に対して勝手に主張することに断固反対する」とし、「人身売買犯罪をなくすための中国の意志は確固としており、その成果もまた明白だ」と反論した。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
2017年6月27日、中国外交部の報道官は定例記者会見で、米国務省が世界各国の人身売買に関する最新の年次報告書で中国を最低ランクに位置付けたことについて、「米国が国内法で他国の人身売買への取り組みに口出しするのに断固反対する」と述べ反発したと環球時報が伝えている。 米国務省が27日発表した2017年版の年次報告書で、中国の評価を最下位の「第3階層」に引き下げた。ロイター通信によると、中国は昨年までの3年間、下から2番目の「第2階層の監視対象」だった。「第3階層」に位置付けられたのは23カ国で、中国のほかは、ロシアやイラン、北朝鮮、シリアなど。報告書は中国について、地方の行政当局によるウイグル族の強制労働、北朝鮮人の強制送還などを挙げ「最低基準を満たしておらず、改善への取り組みもみられない」とした。

陸報道官は「これは新しい問題ではなく、中国の立場は十分に知られている」とした上で、「中国政府の人身売買犯罪の取り締まりに対する決意は揺るぎなく、得られた成果は誰の目にも明らかだ。中国は、米国が国内法で他国の人身売買への取り組みに口出しするのに断固反対する」と述べた。2015年に産経ニュースは、北朝鮮から国境の川を越えて中国へ、命からがら逃げてきた「脱北者」が悪質なブローカーに騙され、わずかなカネで売り飛ばされてしまうケースが多いと指摘している。中国では政府が臓器売買に関与したと思われる法輪功学習者の臓器摘出が2006年に問題視され。アメリカを巻き込んだ騒動になったこともある。その陰で1年間に5,000件以上もの子供の拉致・誘拐・売買も並行して起きていると言われる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月29日 09:50 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp