韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文在寅大統領のでたらめな「脱原発」演説

文在寅大統領のでたらめな「脱原発」演説

記憶をたどってみると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が脱原発に初めて本格的に言及したのは2012年のことだった。当時は大統領選挙を前で、福島原発事故発生後の日本を訪れた時だ。数日間はニュースになったが、それだけでその話題は出なくなり、文大統領は同年の大統領選挙で落選、脱原発の話もなくなった。

それから文大統領が再び脱原発について語るのを聞いたのは昨年冬、韓国映画『パンドラ』の試写会場だった。この映画は、地震で原発が爆発して深刻な被害が出たのに、政府は無能だったというストーリーだ。文大統領はこの映画を見て、「たくさん泣いた」と言った。しかし、原子力専門家らはこの映画を「とんでもない内容だ」と酷評した。映画は観客動員のため極端な状況を設定し、大きく誇張することが多い。それにもかかわらず泣くとは、フィクションを事実のように感じて受け止めてしまっているようだ。一般人ならよくあることだろうが、大統領がこの映画を見て感じた心情のままに国家政策を左右しようというなら尋常なことではない。

事実、文大統領は就任して1カ月余りで脱原発政策を発表した。この脱原発政策は、政策そのものが与える衝撃よりも、そのプロセスの方が衝撃的だ。文大統領自身の原子力知識が『パンドラ』以上とは言いがたいだろう。文在寅陣営の環境・エネルギーチームにも原子力専門家とされる人はいない。責任者は李明博(イ・ミョンバク)政権の「4大河川整備事業」に反対した河川環境専門家だった。





エネルギー関連公約では、環境活動家1人と微生物学専攻の医学部教授が関与していたという。このとんでもない政策を発表しておきながら、どんな人々がどのような根拠で決定したのかについては、まだ明確な説明がない。このため、環境に対して偏見を持つ何人かが集まって「なにか一発やってやろう」という調子で決定したのが「脱原発」なのではないかという懸念が頭の中から消えない。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、英国の原子力専門メディアは「韓国政府は福島原発事故の原因が地震ではなく津波であることを知らないようだ」と報じている。世界的に見ても地震だけで発生した原発事故は1件もないと伝えている。文大統領はまた、「福島原発事故で1368人が死亡した」と述べている。これではまるで放射能が原因で死亡したように聞こえる。福島で放射能による死者はまだ1人もいない。日本のメディアは「日本政府は1368という数字がどこから出てきたのか分からず困惑している」と報道した。

韓国の大統領になると、目立つことをしたがるわけで、4大河川事業で大失敗し負債を抱え、隠蔽したことを朴槿恵が見つけて首が回らなくなった。しっかりとした計画に基づいた行動ではなく、単なる思い付きと、日本と比較したがる朝鮮人の異常さは、必ずしも正しい政策になるとは言い難い。しかし原発についていえば、定期点検における部品も隠蔽され、正しい定期点検が実施されているのかすら難しい判断となる。挙句に周辺の住民へのがん発症率の高さで、司法は認める判決を出しているわけで、放射線漏れのある原発を露呈した事になる。世界で一番危険な原発と言われる中国と同じように隠蔽ばかりの韓国では、地震がなくても原発事故の発生確率は高いのでははないのか…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月29日 10:34 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp