韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  7月末で調整中だった韓日中首脳会議開催が先送り

7月末で調整中だった韓日中首脳会議開催が先送り

日本政府が7月末の開催を目指して調整中だった韓日中3国首脳会議が中国側の消極的な姿勢によって無期限で延期されることになった。日本メディアが29日、報じた。 29日、日本経済新聞・読売新聞などは、複数の日本政府関係者の言葉を引用して、中国政府が韓日中首脳会議の7月開催を調整していた日本政府に「出席は困難」とする回答を28日に伝えたと報じた。

このように中国が難色を示したことについて、外信は、中国は今秋に指導部の総入れ替えがある中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)を控えていて、韓日中首脳会議を推進する余力がないようだと分析した。高高度ミサイル防衛(THAAD)体系の韓半島(朝鮮半島)配備でぎくしゃくしている韓中関係を背景に、中国側が出席に難色を示したことで開催日程に影響が及んだものとみられる。

日本経済新聞は「在韓米軍への地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備を進める韓国への中国の反発が背景とみられる」と伝えた。同紙は、韓米首脳会談を控え、韓国に一段の圧力をかける意図もあると分析した。





日本政府は韓米首脳会談の結果など状況を考慮して、中国の第19回党大会以降、再び韓日中首脳会議の開催日程を調整していく考えだ。 一方、韓日中首脳会議は2015年11月、ソウルで開かれている。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
政府が7月後半の開催を調整していた日中韓首脳会談が先送りされる見通しとなった。中国政府が7月開催は困難との回答を28日までに日本政府に伝えた。在韓米軍への地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備を進める韓国への中国の反発が背景とみられる。年内実現へ再調整する。日中韓首脳会談が実現すれば、中国の李克強首相と韓国の文在寅大統領はいずれも就任後、初訪日となる。

今の中国はそれどころではないだろう。習近平は必至である。もっとも日本も安心していられる状態ではない。ろくでもない連中ばかりで、困ったものである。挙句に野党はひたすら批判だけで、システムをどのように変更すればより良い政権つくりとなるのか…。大臣になる人材を野党は司法となって、引きずりおろすのに必死だが、引きずりおろされるネタが山ほど出てくる自民党の問題も大きいわけで、政治家としてのあるべき姿とか、大臣のあるべき姿などと言うレベルではない。しっかりと任命責任のみならず、大臣になるにしても、様々な役職に就くにしても、しっかり政治家連中にも試験制度を設けるべきである。筆記試験に面接試験を実施し、人事考課として等級をつけて、しっかり教育する事である。

面接官も第三者の選ばれた人材と、そこには裁判員制度ではないが国民を必ず含める事としてほしいものであるが…。政治家レベルの低下は、人材育成のみならず、経験者の怠慢だけで、組織運営してきた各政党幹部の責任は大きい。政策の違い以前に、政治家としてのレベルを上げて、政治資金の扱いにしても、秘書の扱も同様、さらには言動にしても、規定とマニュアルを策定し罰則を設け、規律ある行動になるよう教育訓練すべきだろうと思うが…。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月29日 18:57 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
やる気ない、やる理由もない
持ち回りで日本が当番だから声を出したのでしょうが、
三国ともやる気はないし、やる理由もない。
こないだの二階訪韓で日韓には話題はないと確認済み。
日中は習近平の訪日案件、目下これでしょう。



[ 2017/06/29 23:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp