韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  文大統領訪米、トランプ大統領に350億ドルの手土産

文大統領訪米、トランプ大統領に350億ドルの手土産

文在寅(ムン・ジェイン)大統領に同行して訪米する企業経営者らは28日、今後5年間に米国に128億ドル(約1兆4300億円)を投資する一方、米国から224億ドルの調達を行うとする合計352億ドル規模の手土産を持参することを表明した。大韓商工会議所が訪米企業52社の投資・調達規模を集計したところ、サムスン電子は3億8000万ドルを投資し、家電工場を建設。オースティンにある半導体工場にも2020年までに15億ドルを投資する予定だ。LG電子は2億5000万ドルを投資し、洗濯機工場を建設するなど、総額5億5000万ドルを投資する。SKグループはエネルギー分野などに最大44億ドルを投資する。

現代自動車グループも自動走行エコカーなど未来の技術開発などに5年間で31億ドルを投資することを決めた。斗山グループは米国子会社である斗山ボブキャット、斗山フュエルセル・アメリカなどを通じ、7億7000万ドルを投資。CJグループはCJ第一製糖の食品・バイオ部門が生産工場を増設するなど10億5000万ドルの投資を計画している。LSグループは米南部に4000万ドル規模の自動車電装関連部品工場の建設を推進するなど総額3億200万ドルを投資する。モバイル指紋認識モジュールを輸出するクルーシャル・テクは四重複合生体認証システムの開発に6500万ドルを投資。米ダラス工場で健康機能製品を生産するニュートリバイオテックは生産設備の増設に1億ドルを投資する。




調達規模は投資規模を上回る。大韓航空を率いる韓進グループは今後5年間でボーイングから航空機50機(102億ドル相当)を購入し、路線を拡充する計画だ。SKグループは20年から毎年18億ドル(最大35億ドル)規模で米国産の液化天然ガス(LNG)と液化石油ガス(LPG)を導入する。GSカルテックスは昨年に続き今年も原油240万バレル(1億1800万ドル相当)を導入。GS EPSを通じ、シェールガスを年間60万トン(約2億2000万ドル相当)を輸入する。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
文大統領は同日の座談会で、「幸いにも新政権になって、韓国経済には希望が見える。輸出も増え、不動産景気も好転し、そんな期待を反映して株価指数も連日過去最高値を更新している」と述べている。「追加補正予算がうまくいき、2%台の成長を脱出し、再び3%台まで上昇可能ではないかと期待している」とも語った。文大統領は「企業と労働界が共生できる世の中にならなければ、真の先進国にはなれない。(公正な競争環境が形成されれば)韓国経済の潜在成長率も高まり、企業人も思い切り投資できる環境が整う」と指摘した。

韓国経済の潜在成長率も高まりというが、潜在成長率の下支えが日本企業技術であるから、日本は今まで活用してきた韓国に対して投資と言う部分で寄与し、日本に付加価値をもたらしたが、すでに限界点で韓国利用価値は薄れている。また今回の米韓首脳会談への土産と言うが、そもそもアメリカ大統領が変わったからと言って、急にアメリカに投資するようでは、前米大統領に問題ありとなるわけで、決してそうではないだろう。失業率にしても完全雇用に近い。トランプに踊らされて、何でもかんでもいいなりと言うのでは困りごとなる。

一方外交力がなく貿易依存の高い韓国ではそう単純な話とはならない。大国中国とアメリカにそっぽを向かれれば、輸出大低迷に陥る。韓国の輸入と言う面ではアメリカは中国や日本更にEUよりも下なわけで、トランプが韓国に迫る理由でもある。韓国内では投資するだけの資金があるならば、自国内に投資しろと騒ぐのではないか…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月30日 09:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL