韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓米首脳会談、FTAめぐり対立か

韓米首脳会談、FTAめぐり対立か

米ホワイトハウスは28日、韓米自由貿易協定(FTA)に関連し、「大きな格差と不均衡が存在する」と指摘し、トランプ米大統領が韓米首脳会談でFTA再交渉問題をはじめ、韓国との貿易不均衡問題を集中的に取り上げることを示唆した。一方、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「韓米FTAは両国間の利益の均衡がうまく取れている」と述べ、認識の違いを見せた。FTA問題は首脳会談で主な争点になる可能性が高いとみられる。ホワイトハウス関係者は同日の電話によるブリーフィングで、韓米FTAについて、「韓国の黒字は縮小しており、米国の対韓輸出は増えているが、依然として大きな格差と不均衡が存在する」と述べた。

その上で、「トランプ大統領は貿易問題を韓国と率直に話し合う必要がある問題だと考えている。トランプ大統領の見方は貿易関係がアンバランスな状況にあるというものだ」と指摘した。外交用語で「率直な話し合い」という表現は、激論を交わすことまでを含めた表現だ。同関係者はまた、「トランプ大統領は米国製自動車問題、韓国で米国車販売に依然として障壁が存在している点、韓国を通じ過剰な中国製鉄鋼製品が米国に入ってくる事実などについて、率直に話し合うつもりだ」と説明した。




しかし、文大統領は大統領専用機内での記者懇談会で、韓米FTAについて、米国側とは相反する立場を示した。文大統領は「元々盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の合意したFTAとその後の再交渉による修正で、(韓米FTAは)両国間の利益のバランスが取れていると思う」と述べた。文大統領は「(韓国は)製造業や自動車の分野で(FTAが)役に立っているが、農業分野では被害を受けるのであって、米国はその逆だ。そのため両国間のバランスを取るのがFTA交渉だ」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
自由貿易協定(FTA)とは、2カ国以上の国・地域が関税、輸入割当など貿易制限的な措置を一定の期間内に撤廃・削減する協定である。締結国・地域間の自由貿易および投資拡大を目的とし、関税/非関税障壁を取り払う。一方で経済連携協定(EPA)と呼ばれるものは、FTAに加えて、投資、政府調達、知的財産権、人の移動、ビジネス環境整備など広範囲な取り組みを含む協定であり、締約国間の貿易・投資の拡大を目指す協定となる。

一方でFTAにもデメリットが当然あるわけで、地域間における生産や開発の自由競争や合理化を前提にしていることが多く、自国に立地の優位性がない場合に、相手国に産業や生産拠点が移転する可能性があるため、国内で競争力があまり強くない産業や生産品目が打撃を受け、国民が望まない方向へ経済的にも政治的にも進む可能性もある。日本は戦略としてEPAとペアとなる場合が多く、逆にFTA凍結まで時間がかかり、タイミングを逃す側面もある。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月30日 10:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL