韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本でシェアサイクルが流行しないワケ

日本でシェアサイクルが流行しないワケ

中国で「シェアサイクル」のサービスが登場してから、消費者に浸透していく速さは目を見張るものがあった。その一方で、自転車の放置や私物化など、利用者のモラルを問われる問題も起きている。 しかし、中国でシェアサイクルが急激に広まり、急速に消費者に受け入れられた理由は、その利便性に他ならない。利用料金が非常に安く、どこでも乗り捨てが可能な中国のシェアサイクルだが、中国メディアの今日頭条はこれほど、「自転車のシェアは非常に便利なのに、なぜ日本では普及しないのか」を分析する記事を掲載した。
 
中国のシェアサイクル大手「Mobike(摩拝)」はこのほど、日本市場への進出を宣言したものの、先行きがあまり思わしくないことが既に中国メディア内で報じられている。記事は、「中国では神業とも言える利便性によって大衆に受け入れられているシェアサイクルが、なぜ日本では流行しないのか」と疑問を投げかけ、その理由を挙げた。 まず日本の都市部では地下鉄、バス、鉄道といった公共交通機関が発達しており、シェアサイクルに残された「生存空間」はもはや残っていないと主張。また日本の道路事情も関係するとし、日本は都市の大小に関わらず、道路が狭いうえにすべての道に自転車専用道路があるわけではないことも普及を阻む要因としている。




中国では道路に自転車用の車線があることも多く、自転車の駐輪にあたっては日本ほど厳格な規定がないゆえに、非駐輪区域でない限りはかなり適当に駐輪することができる。中国のシェアサイクルが売りにしている「どこにでも乗り捨て可能」という利便性は駐輪をめぐる社会の寛容性にも大きく左右され、これが日本でシェアサイクルが普及しない要因の1つとなっている。 中国人の発想の豊かさや企業の瞬発力には感服させられるが、シェアサイクルが普及したことで、至る場所で自転車のベルの音が鳴り響き、街が一層にぎやかになったように感じるのは日本人だからだろうか。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
NTTドコモが生活をサポートするスマートライフ事業力を入れ始めたのが2015年で、自転車を貸すサイクルシェアリング事業を展開している。サイクルシェアリングは都市部の観光や通勤などを目的とした環境に優しい移動手段として、欧州などで広がっているが、近年国内でも、大都市部を中心に、導入に向けた動きが進みつつある。同社のサイクルシェアリングの仕組みを見ると、自転車には、利用者の認証をするための通信モジュールのほか、位置情報を確認するためのGPSが搭載されている。さらに、自転車を返却するサイクルポートにはビーコンが備えられ、ビーコンと自転車側のモジュールが通信することで、返却されたかどうかを判別するとのこと。これによって機械式のポートを設置する必要がなくなり、ポートの省スペース化を実現できるとした。

より幅広い乗り物を対象としたシェアリングサービスを提供することを柱にしている。その背景にあるのは高齢化の進行となる。日本では、東京五輪が開催される2020年に、全人口の3割近くが高齢者になると予測されている。高齢化が進めば何らかの運動機能障害を持つ人が増えることから、新しいスタイルのモビリティを活用する機会が増える可能性がある。そこでNTTドコモでは、そうした人たちが快適な生活を送ることをサポートすべく、モビリティシェア構想の第1弾として、電動車椅子を開発しているWHILL社と提携。同社の電動車椅子「WHILL Model A」のシェアソリューションを提供するとしている。具体的には、自治体や商業施設、マンションを展開する企業などにこのソリューションを提供し、それを受けた自治体や企業などが、公共施設やショッピングモールなどで電動車椅子を貸し出す形となる。

AIが発達すれば、自転車の形や装備を変えるだけで、乗り終えたら自動で元の場所に戻る。そういう時代も来るだろう。そういう意味では場所を取らない一人乗りの電気自動車の自動運転などは、実に興味深いのだが…。近場の移動と言う面ではタクシー業界の改革となる可能性もあるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月30日 11:19 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL