韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  韓米首脳会談で、トランプ大統領「米国の貿易赤字が続くことは許せない」

韓米首脳会談で、トランプ大統領「米国の貿易赤字が続くことは許せない」

ドナルド・トランプ米大統領は30日(現地時間)、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との初の韓米首脳会談で、韓米自由貿易協定(FTA)の再交渉など、通商問題を集中的に取り上げた。トランプ大統領は同日の首脳会談後、ホワイトハウスのローズガーデンで行われた共同記者会見で、「韓米FTAが締結されて以降、米国の貿易赤字は110億ドル(約12兆円)以上増えた。良いディール(取引)ではない」と述べた。発表でトランプ大統領は「相互互恵」という言葉を繰り返し使った。会見でトランプ大統領は「(貿易)障壁をなくし、(韓国)市場参入をより一層拡大しなければならないだろう」として、具体的には自動車産業と鉄鋼産業を挙げた。

自動車産業については、「韓国の企業は自動車を米国で販売している。米国の(自動車)企業も相互互恵的な原則に基づき、そうできるようになければならない」と強調した。トランプ大統領は、自身のこうした懸念を表明に対して、「文大統領は『公正な競争の場を作る』と答えた」と述べた。 トランプ大統領は安価な中国製鉄鋼については、輸入禁止措置に韓国が賛同するよう促した。同大統領は「韓国に対し、中国の鉄鋼ダンピング輸出を許可しないよう求めた。そうしなければ、米国の労働者にとって公正ではないからだ」「これが我々の貿易関係において非常に重要な第一歩になると考えている」と述べた。





トランプ大統領は首脳会談の直前のすべての発言で、「今、韓米自由貿易協定(FTA)の再交渉をしている」「我々は米国の労働者に非常に良い交渉を望んでいる。両国にとって公正かつ公平な協定になってほしい」と語っていた。また、「米国の貿易赤字が続くことは許せない」「韓国と貿易協定を再交渉することで、米国の貿易赤字を減らし始める」とも言った。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国は自国の利益を守ると同時に、同盟にマイナスの影響を及ぼすことがないよう徹底した備えが必要となる。中央日報は、トランプ大統領の直接的な表現も異例だが、トランプ大統領がこれを文大統領の面前で述べたという事実に青瓦台(チョンワデ、大統領府)は当惑したと報じている。 トランプ大統領が韓米間の貿易協定を「米国には不公平な協定(rough deal for the US)」とまで表現し、今回の韓米首脳会談は米国優先主義を標ぼうしてきたトランプ大統領の対韓国貿易圧力を公式化する舞台となった。 米政権はトランプ大統領の行政命令に基づき、韓国を含む、米国が赤字を出している16カ国を対象に貿易不均衡の原因を分析する報告書をすでに完成しており、1カ月以内に別の行政命令により、韓米FTAなど米国が締結したすべてのFTAに対する検討報告書が出てくる予定だとした。

北朝鮮問題もさることながら、やはり韓米FTAは大きな議題となったようだ。その一方で日本も米商務省は5月4日、ロス商務長官の「米国はもはや対日貿易赤字に耐えられない」という声明を発表している。この日発表された3月の米貿易協定では、対日貿易赤字が先月より65%増加し72億ドルになった。輸入による対日赤字の7割を自動車が占めていて、前月より38%増加の51億ドルになった。ロス商務長官の声明ではメキシコと日本を名指しして、両国との貿易赤字が1ヶ月で16億ドル増えたと強調している。日本に対しては9年ぶりの高水準になり、日本市場開放や日本製品への輸入規制、円高圧力を強めるだろう。日本とてトランプの再攻撃となりかねない。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月01日 10:12 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp