韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  「非の打ち所がない」、日本のサービスはなぜ世界一流なのか

「非の打ち所がない」、日本のサービスはなぜ世界一流なのか

日本のサービスの質は中国でも高く評価されている。中国では計画経済の名残なのか、買い手である消費者より売り手である店員のほうが「態度が大きい」ケースも多々見られる。
 
そのため、日本を訪れた中国人旅行客は買い物の際に「店員から丁寧な対応をされた」と感激してしまうわけだが、中国メディアの今日頭条は28日、日本の顧客に対するサービスは「非の打ち所がない」と伝え、なぜ日本人は世界一流と呼ぶべき質の高いサービスを提供できるのかと疑問を投げかけた。
 
記事は、日本のサービスは世界一流であり、日本を訪れた中国人ならば「商業施設やレストラン、コンビニ、ファーストフード店など、場所を問わず一流の接客を受けられることを知っているはず」だと指摘。日本のサービスの質は、日本にある「へりくだる」という文化があってこそ成り立つと伝えた。





また、日本のサービスの質は、日本人消費者の「厳しい目」によって磨かれていることを伝え、日本人消費者はサービスによって不愉快な思いをすると、直接的に文句やクレームを言わなくても「二度とその店に行かなくなったり、友人や家族などに店の文句を言う」と紹介。 こうした態度の消費者のもと、サービスを提供する側は消費者の期待に応えることができる、より質の高いサービスを提供するために様々なことに気を配る必要があり、これによって日本のサービスは質が高まり、「非の打ち所のない」水準にまで到達したのだと考察している。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
日本人は優しい半面、サービスに対する要求や期待が最も大きいと言われる。そんな日本の消費者に揉まれてきた日本企業は、気づかぬうちに、世界でいちばん質の高いサービスを提供するようになっている。日本のサービス業では研修や管理について非常にシステマティックになっており、たとえ小さなレストランであっても、学生やパートタイマーだとしても先輩がマンツーマンでサービスの細かい部分を指導する。日本のサービスの質が高いのは、日本人個人の素養というよりも、サービス業全体においてしっかりと育成や管理を行っていることが大きい。

日本は敗戦後厳しい経済・社会状況下の中で内需を育ててきたが、その反面自国内企業の競争は激化し、その結果社員教育をはじめとした、ある意味行き過ぎた訓練や指導もあったわけで、それが今日、ISOを通じたあるべき教育訓練になりつつあると言える。とはいえ自国内競争激化の社会環境の中で、不満となる店には買いに行かないわけで、モノを売るという側面で見た場合、世界的にも厳しい国と言えるわけで、世界一流と言うよりは、自国競争の中で生まれた、文化的産物ともいえる。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月01日 11:05 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp