韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ氏、韓国メディアを叱る 「どんどん行儀が悪くなる」 会談取材で苦言

トランプ氏、韓国メディアを叱る 「どんどん行儀が悪くなる」 会談取材で苦言

米ホワイトハウスで開かれた6月30日の米韓首脳会談で、より良い取材位置を求めて韓国の報道陣が大統領執務室で押し合いとなり、トランプ大統領から「おい君たち、落ち着け」と叱られる一幕があった。米メディアが報じた。

並んで着席していたトランプ氏と韓国の文在寅大統領に突進するように執務室に入った報道陣。トランプ氏の脇にあったテーブルに記者やカメラマンがぶつかるなどして、卓上の電気スタンドが大きく揺れた。

ホワイトハウスのスタッフがとっさに手で押さえて無事だったが、トランプ氏は顔を紅潮させて「どんどん行儀が悪くなっているな」と苦言を呈した。(共同)
http://www.sankei.com/




【管理人 補足記事&コメント】
6月30日にアメリカ・ホワイトハウスで開かれたトランプ大統領と韓国・文在寅大統領の初の首脳会談で、取材場所を確保するため押し合いとなった報道陣がトランプ氏から「おい、落ち着け」などと叱られる場面があり、朝鮮人メディアにも困ったものである。アメリカのタブロイド紙ニューヨークポストは、韓国の報道陣らに対する発言だったと報じている。

首脳会談は6月30日午前、大統領執務室で開かれた。この日の報道陣は、大勢の韓国メディアが詰め掛けたため、通常よりも大規模となった。ABCニュースが公開した動画には、執務室に招かれた報道陣が、室内に慌ただしく入っていく様子が写っており、「ゆっくり」「押さないで」などと注意する声が聞こえた。。

ABCニュースによると、報道陣は部屋に入ったそばから、動画・写真撮影をはじめた。場所取りによる押し合いで、トランプ氏の隣のテーブル上にあったランプが倒れそうになり、トランプ氏の膝に落ちそうになったところをボディーガードが押さえたという。この事態にトランプ氏の表情は曇り、報道陣に向けて「おい君たち、落ち着け」と言い放った。「どんどん行儀が悪くなっている」とも苦言を呈した。

隣に座っていた文大統領は、トランプ氏から「彼らはテーブルを倒そうとした」と告げられると、苦い表情を浮かべた。トランプ氏はその後、「本来はとても友好的な報道陣なんだけどね」と付け加えたとか…。文大統領レベルも同様だが、韓国メディアの低レベルな行為は世界に広がったことだろう。もっとも私はその記事を呼んでコメントするわけだが…。コメント云々は論外だろう。

会談の中身はすでにこのサイトでも報じたが、トランプ大統領の心中は穏やかではないが、それを抑えることができるほどの余裕とも受け止められるわけで、あとで、韓米FTA見直しと、THAAD設置費用と、在韓米軍費用という強いお叱り通知が来ることになるかも~。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月01日 18:42 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL