韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文在寅大統領「韓米FTA再協議は合意外の話」

文在寅大統領「韓米FTA再協議は合意外の話」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、韓米自由貿易協定(FTA)を米国と再交渉するのかに対し、「合意外の話」と明らかにした。これは前日にトランプ米大統領とホワイトハウスが韓米FTAをめぐり正式に再協議に入るかのように知らせたことを一蹴したものだ。

文大統領はこの日訪米期間に宿舎だったホワイトハウスのブレアハウス(迎賓館)でワシントン特派員団との懇談会で、「(韓米両国が発表した)合意内容を見れば良い。(合意内容にない)残りは合意以外の話だ」と説明した。文大統領は「経緯はわからないが、共同声明が記者らに配布された中で、それに加えて(両国首脳が共同メディア発表時に)各自したい話をするということだった。私はそれに合わせて話し、トランプ大統領は多分合意できていない話をしたもの」と答えた。

文大統領は首脳会談のうち韓米FTAと関連したやりとりの内容に対する質問を受け、「(トランプ大統領らが)『米国が貿易赤字を多く出している。特に自動車と鉄鋼分野、特に鉄鋼は中国製鉄鋼が韓国を経て迂回して米国に入ってくる』という問題を提起した。韓国としては米商務省の独自分析資料によっても韓米FTAは互恵的に作用していると説明した」と話した。




文大統領はまた、「韓米FTA発効後に世界貿易量は12%減ったが韓米貿易量は12%増え、韓米両国の(相手国での)シェアも拡大した。商品では米国が赤字を出しているが、サービスでは韓国が赤字で、(韓国の)投資も米国に多くされており全体的にバランスが取れている」と指摘した。

文大統領は「それでも是正の素地があるならば、米国側が関税外障壁を話すならば、実務TFを構成してFTAの影響などを調査・分析・評価してみようと逆提案することで終わった。トランプ大統領はその合意だけで満足できなかったのか再協議を別に話したものだ。合意外の話」と明らかにした。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報も中央日報もメディアによって様々な受け取り方で記事が報道されている。同じメディアでも、食い違う記事が掲載される状態だ。韓国メディアの無礼な行為もあり、なんとも言い難いのだが、普通に考えれば、損得計算の中脳会談であるから、韓米FTAが前面に出てくる事くらいは解ると思うが…。アメリカから韓米FTAの見直しを実施されれば、アメリカ有利に傾くわけで、たちまち韓国はアメリカ貿易で困る事になる。貿易主体の国である。主力な工場は見合うだけのレベルでアメリカに移行する事になりかねない。

一方の日本はというと、1994年代は貿易収支ランキング1位であった。2015年には206位と後退した。円高だと輸出産業が困る。輸出が大変だからアメリカに日本の自動車工場を移行した。結果アメリカで作っているものは輸出にならない。貿易収支ランキングが大きく下がった理由である。日本は貿易でないことで稼いでいる。 今の日本は所得収支で言えば、外国の株を買ったりする。あるいは、外国に工場を作って売れたものの売り上げが入ってくる。これは貿易でなくて、所得収支になる。さらに、海外で買った鉱山などの収益や買収した企業の収益などの収入が入る。

一方、サービス収支などは外国人旅行者が日本で使ったお金や、海外で得た特許の使用料金が含まれる。また日本は特許の件数ではアメリカより上となる。貿易収支で見ると赤字だが、全体で見るとまだまだ頑張っている。日本の特許で韓国を回り中国で製品化され、アメリカに輸出される電化製品。韓国も特許は多いが質の問題で、主力製品の土台特許は日本となる。韓国の様に質の低い特許であればあるほどに、アメリカに貢献するために工場建設すれば、赤字拡大となりかねない。結局数を売って利益を得るしかないが、人件費高騰で難しい。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月02日 11:01 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL