韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「共同声明の発表まで7時間」…韓米首脳会談で冷や汗流れた瞬間

「共同声明の発表まで7時間」…韓米首脳会談で冷や汗流れた瞬間

今回の韓米首脳会談は成功的というのが大方の評価だが、冷や汗が流れる瞬間もあった。 30日(現地時間)午前に行われた単独首脳会談や拡大首脳会談までは比較的順調だった。北朝鮮の核問題を含む事案では大きな異論もなく、貿易収支については議論が長くなったが、互恵貿易の原則を確認する線で決着をつけた。会談中、ドナルド・トランプ大統領は文在寅(ムン・ジェイン)大統領との関係を「非常にいい」(very very good)や、「素晴らしいケミストリー」(great chemistry)とまで表現したという。

問題は午前に首脳会談を終えた後、ホワイトハウス前のローズガーデンで開かれた共同マスコミ発表の際、トランプ大統領の「突発的発言」が飛び出してからだった。トランプ大統領は「ご存知のようにその貿易協定(韓米FTA)の期限が近づいて来ている。私たちはうまく交渉するだろう」とし、韓米自由貿易協定(FTA)の再交渉を事実上公言した。自由貿易協定の再交渉に関する言及がなかったという大統領府の説明と食い違う内容であり、「失敗した会談」ではないかという声も聞こえた。さらに、半日以上も共同宣言文の発表が遅れると、首脳会談が成果なく終わったのではないかという推測も流れた。




マスコミ発表を行ってから共同声明が公開されるまでの7時間、大統領府関係者たちは緊張を緩めなかった。歴訪に同行した共に民主党のキム・ギョンス議員は、フェイスブックに「(ホワイトハウスの)発表を待ち続けていた7時間が7年のようだった」と書き込んだ。彼は「共同声明に私たちの要求事項が十分に反映されたと見た韓国側は、マスコミ発表で原論的言及だけをした一方、トランプ大統領は共同声明に盛り込まれていない韓米自由貿易協定の再交渉を含めた両国間の貿易不均衡問題を具体的に言及した。マスコミがマスコミ発表文だけで記事を掲載しているのに、共同声明の発表が遅れた」とし、「もし共同声明が発表されず、マスコミ発表文だけで首脳会談が終わったら、国内の保守メディアが会談の成果を酷評する記事を先を争って掲載するのは目に見えていた」と書いた。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
今回の韓米首脳会談は成功的というのが大方の評価というが、そもそも何をもって成功と言うのだろうか…。北朝鮮問題で協力するというよりは韓国が積極的に実施するのが当然である。一方、米韓FTAにおいては繊維品目のセーフガードに加え、外国為替危機などの経済危機に瀕した場合には韓国は外貨の輸出入に対し一時的にセーフガードを発動できる。セーフガードとは、特定の品目輸入が急増することによって国内産業が打撃を受けることを予防するため、関税賦課や輸入数量制限といった形で行われる措置をいう。

さらに、米韓FTAには「ラチェット規定」と呼ばれる条項が盛り込まれている。これは締約国が一旦市場を開放すると、何らかの事情により後に規制した方が望ましいと思っても一旦開放した市場の規制を強化することが許されないとする規定で、韓国国内では「毒素条項」と呼んで警戒している。トランプ大統領がすんなりと終わりにする韓米FTAではないわけで、これから試練が続くことになる。トランプ自身の立場も問題だけに、より結果を出すために、次第にトランプは焦りだすだろう。トランプ政権がそれほど信頼されて維持できるとは考えにくい。今後日本とはいえ心の準備は必要となるのではないか…。韓国は在韓米軍の撤退加速とならないように注意する事である。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月03日 09:28 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL